ウケるデジモノブログ|smiley-jp

デジモノをこよなく愛するブログ

kamiz | | Mac

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly


iBook G4 12インチ
が新しくなりました。iBookはほぼ6ヶ月ごとのマイナーチェンジなので、例年どおりってとこです。

新しくなった内容は以下の通り。



iBookには、1.2GHzと1.33GHzのPowerPC G4プロセッサ搭載モデルが揃っています。どちらのモデルにもVelocity Engineと512KB二次キャッシュを装備しました。アップルのエンジニアは、最高のスピードを達成するため、G4プロセッサを133MHzの高速システムバス、そして256MBのオンボードメモリと組み合わせました。その結果、演算処理とアプリケーションが飛躍的に高速化しています。 さらに、メモリを1.25GBまで増設できるため、複数のアプリケーションの同時実行も楽々とこなします。


全ラインアップにワイヤレス機能内蔵(1)のiBook G4なら、仕事でも遊びでも、場所を選ばず活躍してくれます。AirMac Extremeテクノロジー搭載なので、ホテルやカフェなど、あらゆるWi-Fiホットスポットでネットサーフィンを楽しめます。オフィスやお部屋にAirMac ExtremeまたはAirMac Expressベースステーションを設置すれば、インターネット接続がますます快適に。6時間という驚異的なバッテリー駆動時間も、iBookの自慢のひとつ。PowerPCプロセッサ、ATI Mobility Radeon 9200グラフィックスプロセッサとMac OS X Pantherに組み込まれた省エネルギー機能のおかげで、長時間の作業も余裕でこなします。

実は最近、丈夫で待ち歩けるサイズ&重さのノートが欲しくなってしまって、HP Compaq nx4800/CTiBook G4 12インチかどちらにしようか迷ってたんです。


処理速度はG4の1.2GhzだしGPUも32MBもあれば問題なし。しかしやっぱり液晶は小さいまま。もうしょうがないんですかね。iBookは教育機関向け商品という事で。デザインもタフなところもイイんだけどな〜。液晶12.1inchワイドとかにならないかな〜。


う〜んこっちのほうが魅力的かも → Power Mac G5 シングル1.8GHz SuperDrive

こちらの記事も役に立ちます

スポンサーリンク