ウケるデジモノブログ|smiley-jp

デジモノをこよなく愛するブログ

iPodバッテリー交換サービス / レビュー

| | アップル

オイラのiPodは3G。ちょっと前の世代のiPodだ。
はじめてiPodを手にした日からいつも一緒。うれしい時もかなしい時もくやしい思いをした時もいつも一緒。
そんなiPodの調子が悪くなってきた。フル充電しても1日もたないし、ロスレスAACをリピートしていると本体がめちゃめちゃ熱くなってきていきなり電源が落ちるし。バッテリーがヘタってきたか。さすがに寿命だろうと思いAppleのiPodバッテリー交換サービスを頼むことにした。

2006/3/7:AppleのiPodバッテリー交換サービスから、バッテリー交換依頼。
2006/3/9:午前中に福山通運がiPodを取りにキタ。卵パックみたいなウレタンの緩衝材でiPodを上下からはさんで、小さい箱にいれた。これなら輸送中のキズ等も安心だ。
2006/3/13:修理センター到着。これは修理状況のページからアクセスすれば修理状況がわかるシステムになってるので、自分のiPodがいまどんな状況か把握できる。安心できるので、とてもイイサービスだ。
2006/3/16:修理状況ページに"クローズ"と表示される。これは修理完了ということで、クローズ後すぐにユーザーへ配送準備となる。
2006/3/17:iPodが手元に戻ってキタ。なんだかものすごくうれしかった。「新商品を買って、届くまで待ちくたびれた」という感じではなくて、「大好きな自分の相棒が、元気になって戻ってキタ」という気持ちイイうれしさ。

さっそく福山通運の例の小さな箱をあけてみると、一枚のお手紙が入っている。そこにはこう書いてあった。「お客様のiPodを新品に取り返させていただきました」

マジッスか〜!(嬉)裏面ピッカピカ!さすが新潟の職人の手仕事!
(世界中のiPodの裏のステンレスは、新潟県の職人さん達が手作業で磨いているのだ。)
あのキズだらけのiPodが入院して手当を受けてリハビリして帰ってきたのか!
よくやった!がんばった!

もうね、Apple最高ですよ。iPod万歳ですよ。
そりゃintel MacでWindows XPが動くわけですよ。
しかしステンレス鏡面キレイだな〜。なんかケース買いたいな。みんなも自分のiPodのバッテリーが少ないな?と思ったら、iPodバッテリー交換サービスを是非やってみて。

ipodcase_468-60.gif

こちらの記事も役に立ちます

スポンサーリンク