ウケるデジモノブログ|smiley-jp

デジモノをこよなく愛するブログ

ありがとう日本代表。おつかれさまでした。

| | ブログ

4-1でブラジルに完敗しました。よって予選敗退。ジーコJAPAN終了となりました。
4年間ありがとう。そしておつかれさまでした。よくがんばってくれたと思います。

前半の玉田選手の先制点の時、ブラジルはほとんど動きませんでした。ジーコへのプレゼントだったんじゃないかと思えるくらいカンタンに決まりました。玉田選手は試合後のインタビューで「あの一点でブラジルが本気になった」と言っていましたが、前半はジーコへのプレゼントとして力抜いていたんだと思います。それも示すように後半の動きはいつものブラジルでした。

そして、日本の悪かったところがクッキリハッキリと分かりました。
しかも、それがわかったのは試合が終わってからでした。

「これまでの自分の人生の為に、これまでの自分に関わってきてくれた全ての人の為に、そして最後の最後まで、自分を信じ続けてくれているみんなの為に、すべてを尽くして戦ってきたいと思う!!この試合が最後にならないことを信じ続けて」

中田英寿選手の言葉です。ブラジル戦を前にnakata.netで心境を語っていました。

今日はパスミスも多かったけど、試合中いちばん走っていました。そしていちばん闘争心が強かった。たぶん日本代表の中で「ブラジルに勝つぞ」と本気で思っていたのは中田英寿選手だけだったのではないでしょうか。

試合終了後、ピッチには中田英寿選手が倒れていました。
ブラジル代表のユニホームで顔を覆っていましたが、
ふと顔が見えた時、目は涙でいっぱいでした。
この人は他の人にはわからないモノを背負って、
本当に一生懸命頑張ったんだなと思ったら、オイラも泣いていました。

日本代表のほかのメンバーは、悔しい表情をうかべつつも、いつのまにかみんな集合してサポーターに挨拶していました。中田選手には誰一人近寄りませんでした。やっと近づいたのは中学校から一緒にやってきた同じ年である宮本選手だけでした。ほかのメンバーは早々とピッチを後にしました。

先制点を取った玉田選手は、すっきりした表情で
「自分が成長できれば」とか言ってました。
自分が持ってもバックパスしかしなかった中村俊輔選手は、
泣いていて言葉が詰まっていました。振り絞っていった言葉は
「課題の残る結果となった」でした。

ブラジル代表のロナウドは大会が始まる時言ってました「自分の得点より、チームのために動く」と。中田選手は4年前から「課題」と言っていました。そしてドーハの悲劇の頃の日本代表はもっともっと一生懸命でした。

さらにはTVの中継で見たのですが、一試合も勝てない状況で終わったのに、日本のサポーターは「オーオーオー」と空騒ぎしてヘラヘラしていました。他の国なら大暴動です。思い入れが違います。

ヒデがあれだけ孤立してしまいたくなるのもわかります。「勝とう」という気持ちがまったくありません。「負けない」程度しかないのでしょうか。

日本代表はなぜこんなにおかしくなってしまったのでしょうか。

ヒデの代表引退も白紙になったと報道がありました。
あの熱い気持ちのある「ドーハ組」が現在、指導者として活躍しています。
そして次は2010年南アフリカ大会。
ラモス監督、カズコーチ、ヒデ主将という布陣でサッカー日本代表の再生を!

選手のみなさんホントにおつかれさまでした。ありがとう日本代表。ガンバレ日本代表!!

こちらの記事も役に立ちます

スポンサーリンク