ウケるデジモノブログ|smiley-jp

デジモノをこよなく愛するブログ

kamiz | | ブログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

「永田農法」という「スパルタ農法」がベランダ菜園でできるんだって

「永田農法」のお話です。カンタンにいうと「スパルタ農法」なんだそうです。つねに栄養が欲しい状態にすると、栄養が欲しい野菜達はたくさんの太い根を張り巡らせる。そこに一気に栄養を与えると野菜達はたくさんの太い根で栄養を吸収するので、とても濃厚で旨味を凝縮した野菜になるそうです。

「永田農法」はベランダ菜園に向いている農法なんだそうです。なぜでしょうか?

永田農法の問題点
ファーストリテイリング社が有機野菜事業に参入(ユニクロ野菜)したが失敗に終わりました。おいしい作物を得るためには、液肥を常に作物が枯れる手前で与えなければならないため、そのタイミングが難しいのです。そのほかにも、ハウスやマルチなどの設備が必要となり、商業単位ではコストがかさんで野菜の値段が高くなることが問題となりました。ユニクロ野菜が頓挫した最大の理由だそうです。

なかでもトマトは水分管理がむずかしいので、屋外の畑より屋根のあるベランダ菜園の方が向いているそうです。自分んちのベランダで「永田農法」のトマトを作る。作り方の本も多数出版されています。これめちゃくちゃおもしろそうですね。そしてこれからは冬野菜の仕込み時期です。ダイコン・コマツナ・ミズナ・タカナ・シュンギク・ラデッシュ・ブロッコリー・カリフラワー・ホウレンソウ。これだけあればおいしいシチューが作れますね。「永田農法」チャレンジしてみようかな。

永田農法「極上トマト」をベランダで作る永田農法「極上トマト」をベランダで作る
永田 照喜治

by G-Tools
永田農法 おいしさの育て方永田農法 おいしさの育て方
永田 照喜治

by G-Tools
食は土にあり―永田農法の原点食は土にあり―永田農法の原点
永田 照喜治

by G-Tools
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly