ウケるデジモノブログ|smiley-jp

デジモノをこよなく愛するブログ

Macを買ったときの嬉しさは、なんとも言いがたい。

| | Mac

Macって、最新機種が出るときやそれを買ったときはものすごく嬉しい。もう嬉しすぎて顔がニンマリダラダラしちゃって、周りの音など耳に入ってこないほど、はやく触り倒したくて、いじり倒したくて、肌身離さず持っていたい。そんなことありませんか。オイラは人生初めてのMacである PowerBookG4 を買ったときそんな感覚を覚えました。もう早く届かないか届かないかと毎日ヤキモキしちゃっていました。

090311_03.JPG

そんな「なんとも言いがたい嬉しさ」をMac以外で体験することができました。普段、仕事でもジーンズなどラフなカッコでOKな職場なので、ほとんどスーツを着ないのですが、この大不況のもと大々的な営業活動を行うという事で、4,5年ぶりにスーツを新調しました。前回もお世話になったTOMORROWLAND(トゥモローランド)吉祥寺店でお買い物しました。購入したのは今年の1月なので春物のダークグレーをチョイスしました。ダークグレーのスーツに茶系の小物を合わせたい気分なので、次は革靴です。

社会人になって初めて購入した革靴がREGALでした。他のブランドの靴も履きましたがだいたい15,000円〜20,000円程度のものでした。革靴は足あたりや靴ズレが多いので正直あまり好きではありませんでした。

初心に戻るというイイ意味でもあるので、吉祥寺のREGAL SHOP をのぞいてみました。欲しい革靴のイメージはシンプルで飽きのこないカタチでつま先が長過ぎないバランスの良い茶色い革靴です。ついいつものクセで20,000円以下の革靴ばかりに目がいってしまいます。しかしどれも欲しい革靴のイメージに合わないものばかり。なかでもそれなりにイメージにあっているモデルをチョイスして試着しましたが、履いてみるとつま先が長くつまづきやすそう。結構落胆しているときにお店の奥に目を向けると高級なコーナーがありました。オーダーメード系やらなんだかいい雰囲気です。価格を見ると30,000円〜がザラです。さすがに高いだけの事はありデザインもシンプルでどことなく品がありました。

とそんなトコにありました。欲しい革靴のイメージにぴったりのシンプルな茶色の革靴が!そのときはちょっと興奮してフンッフンッ「コレハカセテクダサイ」となにやら棒読みで店員さんにお願いして試着。店員さんが「ボクももってるんですよ。コレはイイですよ」と言ってくれながらヒモを締めてくれました。店内を歩き始めると、もうジャストフィットですよ。足に当たらないし足に吸い付くような感触。いままでの革靴はなんだったんだ?と思ったほど足にフィットするし動きやすい。値段も見ずに、いや値段の事など気にせずに「コレください!」ってなりました。

090311_01.JPG

そう、Macを買うときのアノ感覚ですよ・笑

もうこうなると怖いですね。金銭感覚マヒ。物欲の申し子。結局、価格は34,700円でクリームとブラシを一緒に購入しました。もちろんソール交換可能だし、キチンと手入れすれば一生モノだとの事でした。自分が気に入って購入したモノを、一生モノになるって言ってくれるのは嬉しいですね。どことなくMacの箱を開けて初めて文章を読んだ感覚に似ていました。そうです。「なんとも言いがたい嬉しさ」はREGALの革靴でした。

090311_02.JPG

経過は順調。この革靴はスーツにもジーンズにも合うので履いて外出する機会が増えています。履き終えた後はブラシでゴミを払い落として、クリームをウェスにつけて靴になじませつつ、ウェスの乾拭きで磨き、箱にしまって風通しの良い場所で保管しています。そう、Macを毎日拭いてキレイにするように毎日使うMacのように大切な道具です。モノにも愛情をかけることによって、気持ちに余裕や潤いが出てくるんじゃないかな。そうすると毎日楽しくやっていけるんだと思います。

「なんとも言いがたいうれしいこと」いつも探していこうと思います。

[新版]男の服装術 スーツの着こなしから靴の手入れまで【amazon.co.jp】

男が上がる!外見力【amazon.co.jp】

人を動かす 新装版【amazon.co.jp】

アイデアのちから>【amazon.co.jp】

PERFUME[BUDOUKAAAAAAAAAA!!!!!] 【amazon.co.jp】

こちらの記事も役に立ちます

スポンサーリンク