ウケるデジモノブログ|smiley-jp

デジモノをこよなく愛するブログ

kamiz | | デジモノ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

Panasonicのレトロ調ヘッドフォン RP-HTX7を買った

昨日、マンションの管理会社から郵便物が届いた。というか全住戸のポストに投函されていた書類があって、どうやら生活騒音が多いので控えてください。との内容でした。ドタバタ音や共用廊下で井戸端会議やらなんやら沢山書いてあったのです。オイラのカミさんは「ウチのピアノとギターの音じゃない?」なんて言うもんだからオイラのギター練習は静かに行う事にして、ムスメのピアノをどうにかしようと。ムスメはピアノ(キーボード)を大音量で弾くのが好きなので、音を小さくするように何度も注意するんだけど、ピアノの音は聞いてもオイラの声はまるで聞かない。それならばとヘッドフォンを買いに行きました。ちょうど"さくらや"のポイントがたまっていたので。

予算は5,000円。価格.comやらブログ界隈を片っ端から調べまくり、オーバーヘッド型であればこの予算でも良いのが入手できると判断。ターゲットはビクターHP-RX700でしたが、実物を見てみると、家のリビングで音楽や映画鑑賞用におとなが使用するならちょうどイイサイズで4歳の子供にはアンバランスなので却下。ふと隣を見るとレトロ調なかわいらしいヘッドフォンがあるじゃん。どうやらPanasonicのRP-HTX7っていうらしいじゃん。速攻iPhone出してSafariで検索。おうおう良さげ良さげ。っつ〜ことでムスメ用にPanasonic RP-HTX7を購入しました。

Panasonic RP-HTX7 の仕様です。
・形式:密閉型ダイナミックステレオヘッドホン
・インピーダンス:40Ω
・再生周波数帯域:7〜22,000Hz
・使用ユニット:直径40mm
・音圧感度(dB/mW):99dB/mW
・最大入力:1,000mW
・コード:1.2m
・プラグ:ステレオミニプラグストレート型
・質量(約、コード除く):165g(1.2mコードを含む)、153g(1.2mコードを除く)

音質ですが、価格.comやブログ界隈のレビューでは典型的なドンシャリ系、ドンシャリ過ぎて低音まるでなし。店頭のRP-HTX7を聞き比べると店舗によって高音シャリシャリ系だったり低音も良く出るモノがあったりさまざま。とかいろんなレビューがあります。しかし平均的にはなかなか良いという評判。実際に聞いてみると、たしかにPnanasonic系のドンシャリ。音の解像度はそれほど良くない。低音はそこそこ出る。モチロンBOSEみたいには出ない。ベースも良く聞こえる。中音域があまり得意ではなさそう。悪く言うと中音域はちょっとテキトーな感じ。...でも今聞きながら書いてるんですが、Apple In-Ear Headphones with Remote and Micでも聞こえない音が聞こえますね。それも結構クリアにわかる。...どこで音が鳴っているとかの距離感がカナル型とは違いますね。息づかいもはっきりわかる。スゲェ!はっきりわかりますね。やっぱりカナル型とは全然違うんですねオーバーヘッド型っちゅうモンは。

オーディオの世界はものすごく深いとは聞いていたものの、このくらいの金額の範囲でこれだけの違いを実感できると、高級オーディオシステムと高級ヘッドフォンだとどんなすごい音が聞けるんだろ。すごく興味が出てきました。

He&Biのヘッドホンサイト
かなり徹底的なレビューが多数。参考にさせて頂きました。

Panasonic ステレオヘッドホン(ブレビィベージュ) RP-HTX7-C【amazon.co.jp】

Panasonic RP-HTX7C 【楽天最安値】

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly