ウケるデジモノブログ|smiley-jp

デジモノをこよなく愛するブログ

kamiz | | iPhone

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

iPhoneに過熱の問題 Appleも認める【ITmedia プロモバ】

ちょっと前に"iPhone 3GSが高温すぎて裏面のポリカが変色した"というニュースがありました。たしかにiPhone 3GSはゲームやyoutubeを見ていると裏面がけっこう熱くなります。この過熱問題をAppleが認めたというニュースです。

「iPhone 3Gおよび3GSは華氏32~95度(セ氏0~35度)の場所で動作します。低温または高温の状態では、バッテリー駆動時間が短くなる可能性や、一時的に正しく動作しなくなる可能性があります」とアドバイザリーには記されている。「iPhone 3Gおよび3GSは華氏マイナス4度~113度(マイナス20度~45度)の場所に保管してください。車の中に置いておくのは避けてください。車内温度がこの範囲を超える可能性があります」

クルマはエアコン付けるからOKか。電車はエアコン効いているからOKか。問題は外を歩く時かな。これってけっこうヤバくないですか。日本はこれから猛暑がやってくるというのに。35℃あたりでヤバイんだと、真夏の屋外のアスファルト舗装の上に立ってiPhone 3GS使用したら警告画面でそうですよね。こんなに弱っち〜のかiPhone 3GSは。しかも、

Appleは、iPhoneの内部温度が通常の動作温度を超えた場合、iPhoneが温度を調整しようとするため、充電が止まったり、ディスプレイが暗くなったり、電波を受信しにくくなるなどの兆候が現れる可能性があるとして説明している。また、「iPhoneを冷却しないと使えない」というようなメッセージと温度を警告する画面が表示された場合は、iPhoneが過熱する場合もあるという。

同社によると、このメッセージが表示されても、緊急の通話は行える場合がある。このメッセージが現れたら、ユーザーはiPhoneの電源を切って涼しい場所に移し、冷却してから使用を再開するべきだと同社は説明している。同社はiPhoneを暑い場所や直射日光の当たる場所に長時間置いたり、直射日光の下でGPSや音楽機能などを使ったりすることを避けるようにとアドバイスしている。

あっ!海はヤバイ。絶対ヤバイぞコレ。う〜んどうしよう。クルマの中においておくわけにもいかない...。クーラーボックスの中か。iPhone 3GS専用クーラーボックスか。そんなん買ったらカミさんに怒られそうだ。

iPhone 3GSはいつでもどこでもネットにすばやくアクセスできる最高のモバイル端末。これしきの事でイメージダウンにはならないでしょう。とにかく今年の夏はiPhone 3GS のオーバーヒートに十分気をつけましょう。

↓コレなんかイイんじゃない。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly