ウケるデジモノブログ|smiley-jp

デジモノをこよなく愛するブログ

kamiz | | アップル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

00032.jpg
iPhone 3GS by Tilt Shift Generator

 先日の記事の"仮想化"だけど、IT業界ではトレンドらしい。ちょうどASCII.jpのGPUをフル活用する、Snow Leopardの「OpenCL」という記事で書かれていました。どうやら、現在のコンピューターというのは、CPUをマルチコアにしてもその性能を使い切れないのだそうです。

 世界最大の開発ソフトウェア(Visual Studio)のベンダーでもあるマイクロソフトでも、主力サーバー製品の一つである「Exchange Server」は4から8プロセッサーで最大パフォーマンスとなる(サチュレーションを起こす)とアナウンスしている(関連リンク)。つまり、ExchangeのためにQuad CoreのCPUを2基以上備えたサーバーを用意しても無駄ということだ。

 それで生まれたのが「複数まとめてしまえばいい」という考え方のようです。サーバーは物理的なスペースを確保するとコストがかかるので、マルチコアに仮想化したサーバーを配置することで、何台ものサーバーを構築する。ということらしいです。
物理的なスペースを仮想化して目に見えないデータ上のスペースに変換できるっつ〜のは、なんだかSFチックであり、一昔前だと夢のような世界ですよね。

 しかし、アップルは仮想化に否定的な考え方のようです。マルチコアをもっと効率よく効果的に使うことを考えているようです。

Mac OS Xに含まれるグラフィックエンジン「Core Image」が iPhotoにアレだけスムーズな画像表示を実現させたように、マルチコアをカッコよく使いこなし、あり得ないような処理を高速でこなし、さも当たり前のように夢を提示するソフトウェアが、GCDの向こうに待ち構えているような気がしてならない。

 このGCDというのは、同じくASCII.jpのマルチコア時代の新機軸! Snow LeopardのGCDで説明されています。マルチコア用のプログラムを書くのはとても難しく、いくらコアを投入しても2つ以上はあまり変化がないようです。そこでアップルは、プログラムを並列化する「Grand Central Dispatch」(以下GCD)という昨日をSnow Leopardに搭載しました。

 例えるとGCDは、たとえばレストランに例えると、ホール、レジ、厨房、皿洗い、という分担があったとして、どこかのパートがめちゃくちゃ忙しいのに、ほかのパートは暇を持て余しているということがない。つまり、ホールが忙しければ、レジも皿洗いも厨房も接客を行い、厨房がしそがしいときには、ホールもレジも料理を作る。それを自動的に行う。しかも人数が足りなければ自動的に補う。というシステムだそうです。要は、作業効率を飛躍的にUPしてくれる、敏腕マネージャーがいる。ということでしょうね。

 仮想化より、並列化し効率化するアップル。これ以上速くなったら、バーチャルがリアルを侵食してくるかもしれませんね。

ドラクエIX効果でゲーム市場規模は3.9%増の967億円!
↑ドラクエはしっかり作っているからこそ売れる。出せば売れるっつ〜モンではありませんね。

中判デジタルバック「フェーズワンP40+」を試す
↑↑↑ハッセルブラッド+P40+。この世界は強烈。

液晶ディスプレイを購入しました - LCD-MF221XGBR
↑↑↑家庭用ゲーム用のDSPがあってもイイんだよな。TVで遊ぶという固定概念があったオイラはナナロク世代。

第9回東京ガールズコレクションが開催 - トップモデルたちの登場に大歓声
↑いつのまにかもの凄いイベントになってたり。

BUFFALO 外付けハードディスク USB2.0対応 HD-CNシリーズ
↑↑↑1TBで9,280円。HDD安すぎッス。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly