ウケるデジモノブログ|smiley-jp

デジモノをこよなく愛するブログ

キノトロープのワークフロー

| | ブログ

00042.jpg

Webサイト構築ワークフロー 企画から制作、運用まで、プロの技術を学ぶ 買いました。
読んでいたらいろんな思い出がよみがえってきました。

ブログを始めてから、かれこれ5年。その前には写真や日記なんかをフラッシュで作って公開していました。ネットに興味を持ったのが、10年くらい前だったかな。会社のPCはPC-9801+Windows3.1とかの時代。3.5inchフロッピーディスク全盛ですよ。しかも5inchも使ってた気がする。インターネットも従量制で使った時間やデータ容量毎に加算される。だから社長のPCしか繋がっていない。だから夜遅くみんなが帰った後でネットするわけですよ。そしたら請求金額がガーッてあがっちゃって、犯人モロバレでオイラ。そんでインターネット禁止(ケーブル抜いただけ)になりました。でも、こんな便利なモノなのになぜ使えないの。どうにかして使いたいと思い内緒でケーブル刺してちょっとづつネットしていました。

当時のオイラは一太郎すら知らないわ、指はキーボードの上をふわふわ浮遊しながらキーを探している状態。PCはまったく素人でした。だから尚更インターネットが衝撃的だった。本屋さんに行くのが好きだったので、自分の場所で世界中の写真や文章が読めるインターネットをすることに毎日ワクワクしていました。

PCを猛勉強しました。建築士の勉強よりもなによりもPCとネットの勉強をしました。そしてついに会社に定量制インターネットを導入し、LANネットワークを構築するに至ります。独学でやったのでスムーズには行きませんでしたが、当時そんな設備を整えるには多額の投資が必要だった覚えがあります。でも社員はインターネットにはあまり興味を示しませんでした。「これのなにがすごいの?」って。

しかし社長は違いました。すぐに「ホームページの作り方」的な本が書棚を飾り始めます。しかし社長は5分たりともイスに座っていらない人。すぐに飽きてしまいます。「HELLO WORLD」で飽きたようです。そんでオイラその本を読みあさりHTMLの基礎を覚えます。そしてDREAMWEAVERを購入して会社のサイトを作り始めます。もちろんどういう手順でどんなサイトを作ればいいのか、目的も手段も手探りであいまいなまま勧めました。さすが素人です。どんどん無駄な作業を積み重ねます。でようやく1ページ完成。とても見るに耐えないページでした。

オイラは独学好きですが、参考書としては雑誌系を買います。専門書は著者によってわかりやすさが違うし情報が古いし。雑誌系(WebDesigningやWebCreatorなど)は初心者用のテクニックも最新のテクニックも、デザインのトレンドや業界の動向もすべて網羅されているので独学するにはオススメ。しかもネットの事なんだからネットで調べりゃHTMLくらいならワンサカ情報がありました。建築の勉強もせずにHTMLとCSSばっかりやってました。

それでPowerBookG4買って、Movabletype使ってブログ書いて、会社のサイト作ってるんですが、もっと本格的にサイト作りを勉強したくなりました。今まではテクニックばかり勉強してきたようで、肝心のサイト構築手法を勉強してこなかったのです。だからいつまでたっても、機能するサイト、売り上げの上がるサイトを作れないということが分かったのです。さすが素人。無駄な時間をかなり費やしました。

やっと本題。それで昔からよく耳にしていた製作会社"キノトロープ"のサイト製作がわかるという本を購入しました。キノトロープ15年間の手法・ノウハウが詰め込まれていまして、この手の専門書にしては文章が多いこと多いこと。でもわかりやすい。最初におおまかに説明しちゃって、各項目毎に詳細に説明していくのですが、図や表などが一貫して同じものを使用されているので、進行関係やタスク、フローが非常にわかりやすい。スムーズに読めるし入ってくる。オイラが10年悩んでいる間にネット業界はこんなにも開発されて行ったのかと思うと泣けてきます。もっと早く読んでおけば良かった。

これで会社のサイトを売れるサイトに作り直して、その後の身の振り方を考えていこうと思います。ものづくりの本質を考えさせられた本でした。感謝。

Webサイト構築ワークフロー 企画から制作、運用まで、プロの技術を学ぶ【amazon.co.jp】

東芝、"CELL REGZA"を12月上旬発売。実売約100万円
↑↑↑CELLって何?な人結構いるよ?名前も価格もユーザー視点じゃない。東芝大丈夫か。

Rumor: Googleに新しいiMac、MacBook、Mac miniの広告 - ringo-sanco
↑↑↑デザインが変わってたら、MacBook買うと思う。

こちらの記事も役に立ちます

スポンサーリンク