ウケるデジモノブログ|smiley-jp

デジモノをこよなく愛するブログ

SIGMA 30mm F1.4 を使いこなすのがムズカシイ。

| | デジモノ

00053.jpg

Canon 40D + SIGMA 30mm F1.4 の組み合わせです。40Dを購入してからずっとこのコンビで愛用中で、今日はいとこの結婚式だったので親族代表カメラマンとして30mm F1.4の出番となったわけですよ。結婚式ってモチロン室内な訳で、屋外に比べて光量が少ない。つまり明るいこのレンズが威力を発揮する。ハズだったんですが、みごとにピンボケ。
手持ち撮影でスピードライトがない状況ではやはり手ブレの影響が大きいのだけど、それ以上にこの"F1.4"という明るさがなかなかクセ物なんだと改めて実感しました。

SIGMA 30mm F1.4、ジャスピンだとキレがよく見事にシャープに写してくれるけど、このレンズの最大のウリであるF1.4という明るさが、髪の毛一本をも的確にジャスピンするおかげで、人物を撮る場合、ピンを合わせられる範囲がかなり薄い。レンズと被写体の間に、紙一枚を差し込んだとしてこの紙一枚の厚みで焦点距離が明らかに変わるほど、被写界深度が浅すぎるので、狙うところにジャスピンする確率がかなり低い。このレンズでジャスピンを大量生産するにはF1.4を使用するより、F1.8かF2.0以上、もしくは"Aモード"ではなく、"Pモード"で使用した方がオイラのような初心者にはオススメできる使い方です。

091103.JPG

上の写真は、部屋内でPモードで撮りました。AモードでF1.4とかF1.6で撮るより、Pモードで"カメラお任せ撮影"したほうがジャスピンでキレよくキレイでに撮れました。カメラ撮影の基本的な技術を学ぶのはもちろんの事、どんどん撮って、光の使い方をカラダに叩き込まないと上達しないなと思いました。今日はいい勉強になった。

デジタル一眼レフ すぐに上達するテクニック100 (玄光社MOOK) 【amazon】

SIGMA 30mm F1.4 EX DC HSM キヤノン用 【楽天最安:デジカメオンライン】

こちらの記事も役に立ちます

スポンサーリンク