ウケるデジモノブログ|smiley-jp

デジモノをこよなく愛するブログ

kamiz | | iPad

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

iPad

iPadは思想

 iPadはまったく考えさせられるデバイス。たくさんの方がいろんなことを考えてる。iPadを定義したり、自分の生活に活かそうと使用方法を探ったり。ホントにいろんなことを考えることができるデバイスです。iPad=デバイス(モノ)ではなくて、iPad=革新的な思想になってる。

iPadっていらなくね?

 iPadはiPhoneとMacBookとの"中間"に並ぶデバイスとして発表された。この中間というのがそもそもオイラの感覚を惑わせる。仕事はMacBookで作業したほうが便利、メールやネットやTwitterはiPhoneでも十分対応可能。ではオイラはiPadでどんなことをするのか。これを考えると迷宮入りしてしまう。iPadは欲しい。

iPadではできない

 いや、答えは分かってる。きっと使わない。iPadである必要はないし、iPadではできない。Webサイトのデザインやコーディング、写真を収集して探して加工するiPhotoやPhotoshop、Web素材や挿絵のイラストを作成するIllustrator、自宅で仕事するのはCAD。これらはiPadでは使用できない。

iPadはデカい

 そもそもそんな発想は違う。iPadはそこまで作業する道具ではない。これを納得できるまで時間がかかった。iPad欲しいモン。iPadで遊びたいモン。でも使わない。iPhoneよりデカいくせにiPhoneやiPod touch的な使い方+ iWork ができるくらいなんだモン。電車の中で使いにくいモン。液晶デカくて持ち運びにくいモン。自分が普段行っている作業やMacの使用方法で"使えない"理由を並べてみても、iPadは欲しい。

iPadの立ち位置

 iPadはiPhoneのマーケティングから生まれた新しいモノだと思う。iPhoneの直感的な操作方法はパソコンに慣れていない人や高齢者にもウケた。iPhone購入者の母艦がWindowsというケースが多かったが、iPhoneやiPod touchを通じてアップル製品の便利さや分かりやすさを体感しMacBookを購入するケースを良く聞く。"職場はWindowsで自宅はMac"というケースも多い。そして、大半のユーザーは仕事以外でWeb作成したり、写真加工したり、イラスト書いたり、CADを使うことは少ない。つまりMacBookでなくても良く、iPhoneでは多少なりとものITリテラシーが必要で取っ付きにくい。その中間を立ち位置とするのがiPadだと考えることにした。

iPadでなにが変わるか

 iPadは簡単にインターネットを体験できるデバイス。つまり、インターネットのライトユーザー層に向けた製品だと。ヘビーユーザーはiPhoneやMacBookなどの多少のITリテラシー必須なデバイスを便利に効果的に使用できるが、ライトユーザーはネットの便利さには気づいているものの"ITへの取っ付きにくさ"に尻込みしているケースが多い。その潜在的ユーザーがiPhoneの直感的な操作性にメール、写真、音楽、動画、eBook、オフィス系をプラスした、高齢者にもやさしいユーザビリティ搭載のiPadを使ったら。アップル製品を楽しむユーザーが増えネットユーザーが増える。高齢者が気楽にネットができるようになれば、新聞や映像や音楽、メールなどをもっと気楽に楽しめるようになれば、古く枯れたビジネスモデルは淘汰されて行き、新しいサービスができるかもしれない。介護や医療分野でも便利な新しいサービスが生まれるかもしれない。もちろん教育分野でも教科書やノートが不要な時代がくるかもしれない。

iPadとは

 だれもが簡単に気軽に世界のネットワークに参加できるデバイスになると思う。PCとかMacとかスマートフォンとかガラケーとかではなく、小さい子供から高齢者まで、生活を便利にできる無限の可能性を秘めたデバイスなんだと思う。"どうやって使う"ではなく"どんなことができるか"という考え方を提供してくれるのが、iPadでありアップルという会社なんだろう。

 駄文なのに最後まで読んでくれて、あざッス!

Apple iPad 【amazon.co.jp】

こちらの記事も役に立ちます

スポンサーリンク