ウケるデジモノブログ|smiley-jp

デジモノをこよなく愛するブログ

kamiz | | デジモノ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

iPadを使い始めて早く七ヶ月。楽しく使い始めたのは最近のコトだが、ついに電子書籍を読むようになった。

昔から雑誌をよく購入しているのだが、紙媒体で購入しても一週間くらいしたら読み飽きる。部屋の片付けの時以外に再読するコトはなく、そのくせ部屋には雑誌の山が積み上げられている。貧乏性なのかなかなか処分するコトができない。

しかし今年は家族も1人増え部屋も手狭になってきた。空間は限られている。重い腰をあげ雑誌を処分しなければ、貴重なマイスペースを確保するコトができない。ここは心機一転、RelaxやCasaBRUTUSやファッション雑誌やPC雑誌を片っ端からビニール紐でくくりつけ玄関にまとめて置いた。これで古紙回収日以降も快適なマイスペースを確保できるコトだろう。

雑誌は電子書籍で購入するコトにしてみた。「マガストア」ではMacFanが購入できる。BRUTUSなど電子版未対応の雑誌は魅力的な特集時のみ購入してみる。雑誌購入費もオムツ代、ミルク代に変換するのだ。

__.JPG

マガストアは安心して購入できる。ダウンロードは速いし、サクサク読める、iPadで購入した電子書籍はiPhoneやMacと同期、閲覧が可能。iPad横向きで見開きページ表示になるので文字が小さくて読めないように思えるが読める。iPadだとMacFanは横向きでも読める。

__.JPG

それと、今更ながら購入した「i文庫HD」これがまたまた神アプリ。なんてったて青空文庫の著作権切れの書籍がインストールされている。懐かしいので小学校時代、夏休みの宿題"読書感想文"で読んで訳わからなかった「こころ」を読み始めた。いや歳取るとわかりますなぁ。面白い。ページめくりの動作が極めて気持ちイイ、文字サイズ変更などの設定がしっかり作り込まれている。「読書大好きな人が作ったんだろうなぁ」と感じるコトができる。iPadで読書するならi文庫HDが必須。

__.JPG

価格はまだまだ紙媒体と同程度。紙やインクなどの印刷コストや流通コストが削減されメディアの質や価格に反映されてくると思う。ユーザー視点から考えても、紙媒体を購入するまでの手間暇や保管スペースなどのコストを減らすコトができる。タイミング的には価格でしょう。価格次第で流れが一気に変わる予感。

比較的メジャーな電子書籍出版サイトを集めてみました。ご参考までに。

こちらの記事も役に立ちます

スポンサーリンク