ウケるデジモノブログ|smiley-jp

デジモノをこよなく愛するブログ

kamiz | | Mac

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

mbp_11

MacBook Pro 15インチ(Early2011)が速くて快適。しかし、旧モデルよりCPUのクロック周波数の数字が小さいのになぜ速いのでしょうか。調べてみました。

第二世代のCore i5,Core i7であるSandy Bridgeには、Turbo Boost 2.0(ターボブースト2.0)という機能が搭載されています。これは、未使用のCPUコアの動作速度を一時的に高めシングルスレッドの性能を向上させる技術。ターボブースト時の上限周波数は各モデル毎に決まっていて、どこまでブーストできるかはCPUの発熱量により制御されているそうです。Sandy Bridge世代のCPUはついては、スペックのクロック数ではなくブースト時のCPUクロック数で実際の性能を見るのだそうです。MacFan 5月号を参考に下表にまとめてみました。

CPU Core i5
520M
Core i5
540M
Core i5
2410M
Core i7
2620M
Core i7
2635QM
Core i7
2720QM
モデル 13インチ
Mid2010
15インチ
Mid2010
13インチ
Early2011
13インチ
Early2011
15インチ
Early2011
15/17インチ
Early2011
定格クロック 2.4GHz 2.53GHz 2.3GHz 2.7GHz 2.0GHz 2.2GHz
1コア時 2.93GHz 3.06GHz 2.9GHz 3.4GHz 2.9GHz 3.3GHz
2コア時 2.66GHz 2.8GHz 2.8GHz 3.2GHz
3/4コア時 2.6GHz 3.0GHz

ノートブック PC 向け インテル® Core™ i7 プロセッサー【intel】

インテル® ターボ・ブースト・テクノロジー / インテル® ハイパースレッディング・テクノロジー【intel】

インテル® ターボ・ブースト・テクノロジーによるパフォーマンスの向上【intel】

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly