ウケるデジモノブログ|smiley-jp

デジモノをこよなく愛するブログ

iPad 2の便利なトコロとMacBookAirが必要な理由

| | iPad

iPad 2のほうが使いやすい

iPad 2の絶対的な部分は、タッチパネルと携帯性です。画面にタッチして直感的に操作することの気持ち良さを実感しています。コレはiPad 2の携帯性があってこそ感じられる良さです。

最近はノートPCや単体のディスプレイにもタッチパネルが搭載されています。試しにデスクトップの画面をタッチしてみましたが、辛い。タッチパネルって、常にスポポンスポポンとサクサクとタッチするわけではなく、え〜っと、え〜っと、コレで、コレで、みたいに多少考えながらタッチする場合が多いと思います。つまり、PCのタッチパネルの場合、常に腕を上げたままの状態になります。コレはちょっとした罰ゲーム(笑)やはり腕を上げて手を延ばして画面をタッチするのはかなり疲れます。

iPadなどのタブレットは机に置いたり手に持って操作できます。つまり腕を置いたまま操作できます。PCのキーボードを操作するように肘を机に置くことができます。これはもう疲れ知らずの体勢です。それで気づきましたが、壁にあるボタンを押す動作より、机など下にあるボタンを押す動作のほうがラクです。動かす筋肉が違うのか腕の重量を水平に動かす筋力がないだけなのか(T_T)、机に置いたモノを触るほうがラク。

Click here to add a title

このタッチパネルと携帯性によって、iPad 2はノートPCより気楽に使用できます。ネットやメール、写真や動画閲覧、音楽鑑賞やブログなどの文章作成などなど。これらの作業はノートPCで行うよりiPadのほうが早くてラクで楽しいです。ソフトウェアキーボードも慣れてきました。
一方、iPad 2でやりにくい作業はクリエイティブ系の作業です。IllustratorやPhotoshop系の作業はそれなりにできるソフトがありますしMacやPCの方が効率が良いのですが、CADやHTMLコーディングがなかなか難しい。使い勝手の良いソフトがありません。このようなマウスとキーボードのコンビネーションを上手く利用する作業はiPadではなかなかやりにくい。そこで必要になるのがMacBookAirなのです。

MacBookAirの魅力

iPadの携帯性とPCとしての性能を兼ね備えたMacBookAir。以前はPowerBook 15 やMacBook白を持ち歩いていましたが、あのクラスのサイズと重量は気軽に持ち運べるモノではありません。そしてHDD。精密機械は常に持ち運んでいれば故障します。しかしMacBookAirはSSD。そしてサイズ、重量共にiPadに勝るとも劣らない携帯性が魅力。

そしてMacのソフトやWindowsが動作するというコト。Adobe系やCADも動く。HTMLやCSSのコーディングもスポンスポンとサクサクと作業できる。MacBook Pro 15 持って外出したくないモン。重いモン。かさばるモン。

総評

要するに、日課である朝マックにiPad 2持ち込んでいますが、自社のサイト作成作業ができると助かるなと。夜中に家に帰ってからサイト作成はムリっす。眠い。だったら朝マックでMacBookAir持ち込めばサイト作成できるじゃん。という話でした。

こちらの記事も役に立ちます

スポンサーリンク