ウケるデジモノブログ|smiley-jp

デジモノをこよなく愛するブログ

kamiz | | iPhone

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

iPhone 4 が発売されたのは2010年6月24日。振り返るとiPhone 3から始まり、iPhone 3GS、iPadに至るまで全て発売日当日早朝から大手家電量量販店店頭に並んで入手していました。しかし早朝から並ぶのは、時間(ほぼ一日潰れる)も体力も相当なロスであることがわかったので、iPhone 4はSoffBankのWebから購入しました。配達日当日は、日通のトラックがくるのを朝から胸踊る気持ちでワクワクウキウキ待ち構えていました。

そんなiPhone 4も早一年が経過し、ついに一年間の保証期間が切れました。アップルケアを購入しておくか考えましたがやめておきました。夏が終わればiPhone 5が登場すると思われるので、すぐに乗り換えるつもりです。

iPhone 4は機能的にもデザイン的にもかなり突き詰められていて、iPhoneというプロダクトデザインのひとつの完成系だと思っています。iPhone 5に乗り換えたあとはコレクションとして保管するか、人気のある中古市場にドロップしようと考えています。

そんなiPhone 4の唯一の弱点と言えるのが、純正Bumperの脆さです。側面だけをラバーで覆う純正Bumperのデザインはシンプルで良いのですが、ドック部分のプラスチックが細すぎて折れます。

null

性能的にもデザイン的にも純正Bumperの使い勝手には惚れ込んでいるので、なかなか他のケース・カバーを探すことはありませんでした。Bumperを外してはみたものの、グリップ感のないiPhone 4が手から滑り落ちてしまうようで不安です。そういえばiPhone 4の電波問題の時、アップルからのケース無料配布で入手したBelkinのケースがあったことを思い出し装着してみました。

null

null

やはり、ケースを装着すると多少なりとも安心できますね。しかし、この手のケースは苦手なのです。側面と裏面との角のエッジキツく、手に持ったときもしっくりこない。そしてグリップ感がないのでスルッと落ちでしまいそうで不安です。ボリュームボタンのある横側は保護されているが、ヘッドフォン端子、スリーブボタン、ドックなどの上下側は保護されていない。などなど。

純正Bumperはこれで三代目でした。これを機会に新たなケース探しをしてみようと思います。

こちらの記事も役に立ちます

スポンサーリンク