ウケるデジモノブログ|smiley-jp

デジモノをこよなく愛するブログ

iPad - "情報を見て読む"ためのデバイス

| | iPadデジモノ

Click here to add a title

土日は子ども達とワイワイガヤガヤ遊びます。日曜日も夕方なんてボクも子ども達もグッタリしちゃって、夕飯食べてお風呂に入って、TV見る人、寝る人でわかれます。先日は19:30には寝てしまいました。

ボクはネットでブログやニュース記事を見たりして情報を得ています。何年か前までは夜中まで何時間もネットを徘徊していました。たくさん情報を詰め込むように見るので凄く時間がかかっていました。iPadを使い始めた頃から夜中のネット徘徊が少なくなり、欲しい情報が割とすんなりインプットできるようになりました。

iPadでブログ記事を書くようになったことで、有益な情報を選択すること、速く判断することができるようになりました。情報の収集に無駄な時間を使うことが少なくなり、効率が良くなってきたのです。決めてはタッチ、スワイプ、タッチ、スワイプなのです。

情報を手軽に見るデバイス

Click here to add a title

情報を得るためには、新聞を読む、本を読む、ブログを読むなど「文章を読む」というコトが基本になってきます。

Macで文章を読む場合、Mac ProやiMac、Mac Miniであればデスクに座る必要がある。MacBook系でもある程度安定した場所にとどまる必要があると思います。あるスペースにとどまるコト=時間が必要なわけです。

最近、家にいる時はiPadを常に身近に置いてます。MacBookProのあるデスクに座っていても、何かしらの用事で誰かしらが呼びにきます。その都度デスクを離れる、また座る、また呼ばれる...。情報を得るどころではありません。家族が集まるリビングに鎮座するコトで、子ども達のケンカやイタズラや各種アクシデントを未然に予防できます。iPadを常に傍においておくことで、スムーズにスリープから復帰させ、今まで見ていたブログを読み返し、リンクを指先ひとつでタッチしあらゆる情報を得ることができます。

バタバタしている状況とくつろぐ状況とが混在している状況でも、iPadはデバイスを操作している感覚が感じられないので、子どものアクシデント後のバタついているボクのアタマでもスムーズに情報を得るモードになります。

情報の本質を見極める

Click here to add a title

TVや新聞や雑誌、ひと昔前までは情報はTVか紙の媒体で入手するしか方法がありませんでした。最新のニュースはTVや新聞で、趣味や娯楽、職能関係の情報は紙の媒体、という風に。ネットが普及してきたおかげで、僕たちは持っている情報をネットに載せるコトができるようになりました。マスに広める情報ではない、個人が知っているただの情報。その情報に意味を見出せない人もいれば、この情報を探していた!という人もいます。ネットには凄まじい量の情報が転がっています。

マスメディアが情報を民衆に与えていた時代、情報の質はマスメディアが判断していました。しかし現在は個人が自由に情報を公開している時代です。各職能のプロが惜しげもなく情報を公開する。マスメディアの情報のウラや逆を調査した情報が公開される。それも無償で。情報の質は僕たち個人が自由に個別に判断できるのです。

iPadはサクサクと手軽に情報をさわるコトができます。場合によっては情報の海に溺れてしまい間違った情報を信じてしまうことにもなりかねません。インターネットという超広大な情報の海に溺れることのないように情報を取捨選択し、情報の本質は自分で判断して見極めることが重要です。

情報は、観るのではなく見て読んで判断する

Click here to add a title

文章や写真より映像の方が情報量は遥かに多い。しかし、情報は文章と写真や表でまとまられている方が質が高いコトが多々あります。映像は観るという時間の流れによって情報を得ることができます。時間の流れの中で欲しい情報を判断することになります。反対に文章と写真や表の場合は、パッと写真や表を見ることで瞬時に情報を判断できます。つまり、映像は情報量が多い分無駄な情報も多く判断する時間が必要です。文章と写真や表は情報を判断する時間が短く、不要な情報を即座に判断できまます。

指でタッチする操作方法のiPadは、情報を迅速に判断できるツールだと思います。iPadをタッチしスワイプして瞬時に情報を切り替え取捨選択していく。脳からの信号を素早くダイレクトに伝える指先で情報にさわる。タッチ、スワイプ、タッチ、スワイプなのです。

まとめてみた

ネットやデバイスの発達と普及によって、これほどまでに便利な世の中になると情報が右往左往に飛び回り錯乱し姿かたちを変え、本質はなんだかわからないモノになってしまう恐ろしさを感じています。俯瞰して見れば、個人が情報を流し、まとめ、伝える「キュレーター」時代でもあるのですね。

2012年3月7日に発表されるであろう次期iPadの登場前に、iPadと情報の関係性について吐き出したかった。情報を見て読むというコトを、これほどまでに速く簡単にできる革命的なデバイスiPad。この素晴しい道具で、物事の本質を見誤ることがないよう、情報を見て読もうと思いました。

ど素人がとりとめもない文章書いてすみません...。

こちらの記事も役に立ちます

スポンサーリンク