ウケるデジモノブログ|smiley-jp

デジモノをこよなく愛するブログ

kamiz | | Mac

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

macbookair_mid2012_11inch

今日はずーっとMacBookAirのカスタマイズを考えていましたよ。もうウキウキで^^
ボクが選択するのは、MacBookAir 11inch 128GB 8GB です。

MacBookAirの購入を保留し、iPad 1stを購入しこの次世代デバイスに感動し、iPad 2ndをブログ記事作成マシンとしているボクが、ブログ記事作成用にMacBookAirを選択する。どうしてココにたどり着いたのかを、ちょっぴり話してみたいと思います。

iPadの携帯性とMacBookProの性能を兼ね備えるMacBookAir 11inch

MacBookAirを入手する場合、主な使い道は"ブログ記事作成"です。

普段はiPadとDPadでブログ記事を書いています。DPadで書いた記事をMovableTypeに流し込みます。使いにくいと言われるiPadのソフトウェアキーボードは処理速度が速く文字入力のダイレクト感が心地よく、文章作成がスムーズでなかなか快適。しかし、iPadとMovableTypeは相性が良くない。PC表示ではテキストボックス内のスクロールができない、コピペができないなど問題点があります。つまりMovableTypeのテンプレートを弄れない。CSSを変弄りたい、インクルードを追加したい、という場合は、自宅のMacBookProを使用する必要がある。iPadではできないこの問題を解決したい。

iPadの携帯性に近いMacというと考えられるのは、MacBookAir 11inch しかないです。iPadのバッテリー持続時間はとても魅力的だし、MacBookAirのバッテリー持続時間が5時間程度というまた違う問題点が浮き出てくるのだけれど、マクドナルドなら電源使えるところが多いのでMacBookAirのバッテリー持続時間はカバーできると考えています。

最大メモリ搭載容量が8GBになって次世代OSにも対応できる見込みがたった

いくら高速なSSDでもメモリ4GBでは不安。MacBookPro Early2011 のメモリが初期設定で4GBだったのですが、SafariとiPhotoとiTunesを起動させてIllustrator 10(ロゼッタ使えてた頃は良かったなぁ...)で作業するとレインボーカーソルがクルクルまわり始めて、動作がギチギチで遅くなることが多かった。8GBに増設してからはキビキビサクサクと動いています。MacBookAirはサクサクに身軽に使いたいのでメモリは8GBにします。

データは外付けHDDやクラウドで管理すればSSD容量は気にならない

SSDは128GBです。iPhoto LibraryはUSB3.0対応の外付けHDDやFlickrに移動したし、iTunesは毎日携帯しているiPhoneで聞くことができるし、仕事のデータもDropBoxやSugerSyncなどのクラウドに保存・同期している環境があるので、自宅や仕事場、マクドナルドやスタバなどネットが繋がる環境であれば作業は可能。MacBookAirにデータを保存する為のSSD容量は少なくても良いのです。ただしッ64GBだとまさかのハプニング時対応できるか少々不安。かといって256GBや512GBもの容量に保存して持ち歩くほどのデータはない。そんな理由で128GBにします。

こんな具合で、ブログ記事作成用途に使うMacBookAirを選んでみました。
MacBookAir 11inch 128GB 8GBを入手したいんだぜぇ。欲しいんだぜぇ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly