ウケるデジモノブログ|smiley-jp

デジモノをこよなく愛するブログ

WWDC2012の新製品について、感想を4つ述べさせて頂く

| | アップル

次世代MacBookPro 15inch Ratina Display

macbookproratina

キター!(長澤まさみ風...都市伝説の女、かわいかったなぁ)WWDC2012の主役、MacBookAirの薄さに Ratina Display(2880 x 1800)とMacBookProの高スペックを搭載した、MacBookPro 15inch Ratinaが登場ですよ。

  • ・184,800円~238,800円
  • ・2.3GHzクアッドコアIntel Core i7プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.3GHz)6MB共有三次キャッシュ
  • ・Ratina Display 2,880 x 1,800ピクセル 解像度220 ppi
  • ・8GB 1,600MHz DDR3Lオンボードメモリ(16GBに変更可能)
  • ・Intel HD Graphics 4000 / NVIDIA GeForce GT 650M 1GB GDDR5メモリ グラフィックス自動切替機能
  • ・MagSafe 2電源ポート
  • ・Thunderboltポート(最大10Gbps)x 2
  • ・USB 3ポート(最大5Gbps)x 2
  • ・HDMIポート x 1
  • ・ヘッドフォンポート
  • ・SDXCカードスロット
  • ・802.11n Wi-Fiワイヤレスネットワーク接続(IEEE 802.11a/b/gに対応)
  • ・Bluetooth 4.0ワイヤレステクノロジー
  • ・95Whリチウムポリマーバッテリー内蔵(最大7時間のバッテリー駆動時間)

スペックこそMacBookAir 2nd Gen登場時よりインパクトが少ないものの「これが次世代のMacBookProだ」という、とても魅力的なパッケージです。

液晶のベゼル幅が狭いのがすごくイイですよね。コンテンツに集中できる液晶...素敵。

メモリがオンボードなので購入時はメモリ増設を視野に入れつつ注意したいところです。
基盤も本当に美しいですね。すばらしい。

macbookproratina2

Ratina Displayは想像以上にソフトウェアの対応が大変そうだなぁというのが第一印象でした。Appleとしても解像度依存しないOS Xの機能を発揮したいところでしょう。しかし、そこはさすがApple。既存ラインを残しつつ売上が良くない17inchを15inch Ratinaにリパッケージし、リスクを抑えて次世代ににつなげていくという、非常に賢明で堅実な戦略でした。大御所ソフトウェアがRatina対応完了する頃にちょうど全機種Ratina Displayにアップデートとなる気がします。

MacBookPro 13inch / 15inch の堅実なアップデート

pro201206

MacBookProは13inchと15inchが生き残りました^^15inch Ratinaの筐体薄さ(1.8cm)を見てしまうと、なんとも寸胴な感覚になってしまいちょっぴりかわいそうなMacBookProですが、しっかりと堅実にアップデートされましたよ。

  • ・102,800円~184,800円
  • ・2.5GHzデュアルコアIntel Core i5プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.1GHz)3MB三次キャッシュ
  • ・2.6GHzクアッドコアIntel Core i7プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.6GHz)6MB三次キャッシュ
  • ・15.4inch 1,440 x 900 / 13inch 1,280 x 800
  • ・4GB~8GB 1,600MHz DDR3(ユーザーにて増設可能、オンボードでなない)
  • ・HDD 500GB~750GB 5,400rpm
  • ・Intel HD Graphics 4000(All 13inch and 15inch)
  • ・NVIDIA GeForce GT 650M、512MB GDDR5メモリ(15インチ2.3GHzモデル)グラフィックス自動切替機能
  • ・NVIDIA GeForce GT 650M、1GB GDDR5メモリ(15インチ2.6GHzモデル)グラフィックス自動切替機能
  • ・MagSafe 2電源ポート
  • ・FireWire 800ポート(最大800Mbps)x 1
  • ・USB 3ポート(最大5Gbps)x 2
  • ・Thunderboltポート(最大10Gbps)x 1
  • ・オーディオライン入力(13inch は入力/出力)
  • ・オーディオライン出力
  • ・SDXCカードスロット
  • ・Kensington社ケーブルロック用セキュリティスロット
  • ・802.11n Wi-Fiワイヤレスネットワーク接続(IEEE 802.11a/b/gに対応)
  • ・Bluetooth 4.0ワイヤレステクノロジー
  • ・63.5Whリチウムポリマーバッテリー内蔵(最大7時間のバッテリー駆動時間)

とても堅実なアップデートです。アップデートの鑑とでもいいましょうか。オンボードメモリってのが気になりますね。MacBookProでメモリ換装ができないのは頂けないなぁ。しかし文章作成とネットと写真ぐらいの用途で使用するとすれば、十分すぎるほどの高スペックなMacBookProですね。羨ましい。

熟成したMacBookAirは"買い"ですよ

air20120612

ボク的に大本命のMacBookAirにUSB3.0を搭載。このアップデートは希望&予想どおりでかなり嬉しい。このMacBookAirは間違いなく"買い"ですよ。

  • 11inch
  • ・84,800円~94,800円
  • ・1.7GHzデュアルコアIntel Core i5(Turbo Boost使用時最大2.6GHz)3MB三次キャッシュ
  • ・2.0GHz Intel Core i7(Turbo Boost使用時最大3.2GHz)4MB共有三次キャッシュに変更可能(上位モデルのみ)
  • ・11.6inch 1,366 x 768
  • ・4GB 1,600MHz DDR3Lオンボードメモリ(8GBに変更可能)
  • ・64GB~128GBフラッシュストレージ(256GBまたは512GBに変更可能)
  • ・Intel HD Graphics 4000
  • ・MagSafe 2電源ポート
  • ・USB 3ポート(最大5Gbps)x 2
  • ・Thunderboltポート(最大10Gbps)x 1
  • ・802.11n Wi-Fiワイヤレスネットワーク接続(IEEE 802.11a/b/gに対応)
  • ・Bluetooth 4.0ワイヤレステクノロジー
  • ・35Whリチウムポリマーバッテリー内蔵(最大5時間のバッテリー駆動時間)
  • 13inch
  • ・102,800円~128,800円
  • ・1.7GHzデュアルコアIntel Core i5(Turbo Boost使用時最大2.6GHz)3MB三次キャッシュ
  • ・2.0GHz Intel Core i7(Turbo Boost使用時最大3.2GHz)4MB共有三次キャッシュに変更可能(上位モデルのみ)
  • ・13inch 1,440 x 900(MacBookPro 15inch と同じ解像度)
  • ・4GB 1,600MHz DDR3Lオンボードメモリ(8GBに変更可能)
  • ・128GB~256GBフラッシュストレージ(512GBに変更可能)
  • ・Intel HD Graphics 4000
  • ・MagSafe 2電源ポート
  • ・USB 3ポート(最大5Gbps)x 2
  • ・Thunderboltポート(最大10Gbps)x 1
  • ・SDカードスロット
  • ・802.11n Wi-Fiワイヤレスネットワーク接続(IEEE 802.11a/b/gに対応)
  • ・Bluetooth 4.0ワイヤレステクノロジー
  • ・50Whリチウムポリマーバッテリー内蔵(最大7時間のバッテリー駆動時間)

MacBookAirはアップデート間隔が11ヶ月程度となっているので、次期MacBookAirにはRatina搭載となると思われます。ロジックボードやグラフィック廻りの変更が予想されるので"初期モデルの初期ロット"は不具合が発生する可能性が高めなので避けたいところ。今回アップデートされたMacBookAir 3rd genは円熟し安定したシステムでまさに"MacBookAirの完成形"です。すみません、もう一度言わせてください。MacBookAir 3rd Genは間違いなく"買い"ですよ。Core i7 2.0GHz 8GBの512GBとか!羨ましいッ!

AirMacExpressのサイレントアップデート

airmacexpress201206

AirMacExpressもサイレントアップデート。四角くなってMacMiniみたいになった。
アップル - Wi-Fi - Wi-Fiベースステーションの比較
外付けHDD使えないのはそのままッス。デザインが良くなったけど電源コードなのが良くないッス

WWDC2012新製品総括を一言で

間違いなくッ MacBookAirは"買い"ですよ。

こちらの記事も役に立ちます

スポンサーリンク