ウケるデジモノブログ|smiley-jp

デジモノをこよなく愛するブログ

デザインで音質向上!iPhone 5 付属のApple EarPods with Remote and Micがスゴイ!

| | デジモノブログ

Apple EarPods with Remote and Mic

iPhone 5 に付属し、2,800円という低価格ながら、見事な音質で世間を賑わせている「Apple EarPods with Remote and Mic」を試してみました。

IMG_5099
おたまじゃくしのような形状。側面に設けられた穴が外耳道内に直接音を送り込む形状。

IMG_5101
ケース裏面にはアップルマーク。このイヤフォンはケースに入れて持ち歩くべき。

IMG_5096
ケース外周部にコードをぐるぐる巻いて収納。コードの重なりに気をつければうまく巻くことができる。

IMG_5102
イヤフォンの右側に着いているリモコン/マイク部分の位置がちょっとだけイヤフォン部分寄りに変更された。ボクの場合、イヤフォンを耳につけた時に、ちょうど顎の先端の位置になる。そんな位置。

IMG_5106
iPhone 5 belkin view case とApple EarPods with Remote and Mic。装着に問題はないです。

IMG_5107
ちなみに、iPhone 5 belkin view case とDENON AH-D1100の装着も問題なし。

Apple EarPods with Remote and Micの音質

端的に言えば、実売価格5,000円程度のイヤフォンに相当するほどの音質に感じられます。音が外耳道に直接送り込まれるので、低音が豊かに聴こえます。ただ低い音というのではなく、空気の振動をお腹で感じるような豊かな低音です。この低音具合がこの価格で出るとはあっぱれ。そんな低音です。

各々の音の分解感があり、定位もしっかりと感じられます。高音域はクリアですし、サ行の発音が刺さるようなコトもありません。中音域は多少籠る感じがあります。全体的には、ドンシャリ傾向でもなく、解像感もあり、豊かな低音を軸にクリアな高音域〜中音域を持ち、バランスが良く耳疲しにくく聴きやすい音質に感じます。これで2,800円となると同価格帯〜実売価格5,000円程度のイヤフォンは市場から姿を消すと思われます。

Apple EarPods with Remote and Micの着け心地

心地よく装着でき、しかも耳にしっかりと収まるイヤーバッド式ヘッドフォンを作るのは、簡単なことではありません。人の耳はみんな違う形を持っているからです。Appleのデザイナーたちは、光学スキャンとシリコンの型取りを使って様々なタイプの耳の3Dモデルを作り、様々な人の耳で共通する形を見つけました。その形が新しいApple EarPodsのユニークなスタイルを生み出したのです。従来の丸いイヤーバッドとは違い、このヘッドフォンの設計は耳の形状を基準にして行われています。そのため、より多くの人々にとって、ほかのイヤーバッド式ヘッドフォンよりも快適なものになりました。

アップル - iPhone 5 - iPhone 5を生み出した方法をご紹介します。

正直、フィットする人もしない人もいる、そんな形状です。ボク的には「なんか、落ちそう」というlソワソワした着け心地です。でも首を振っても落ちないので、ある程度は万人にフィットする形状なんだと感じます。

Apple EarPods with Remote and Micの素晴らしさ

良い音が出るような高価な部品で製品を向上させるのではなく、テクノロジーとデザインと情熱で音質を向上し見事な価格で市場に出す。こんな製品を開発できるのはアップルだけだろうと感じます。音の性質をとことん追求し、音という自然の摂理をデザインの力で音質という気持ち良さに変えることができる。見事としか言いようがない。最近はアップルに感動しっぱなしです。

こちらの記事も役に立ちます

スポンサーリンク