ウケるデジモノブログ|smiley-jp

デジモノをこよなく愛するブログ

kamiz | | デジモノ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

image

SONY MDR-1R

型式 密閉ダイナミック型
ドライバーユニット 40mm、ドーム型
感度 105dB/bW
再生周波数帯域 4-80,000Hz
インピーダンス 24 Ω
最大入力 1500mW
コード長 1.2m PCOCC線(通常コード)/ 1.2m PCOCC線(iPhone/iPod/iPad用)
質量 約240g

液晶ポリマーフィルム振動板採用

内部損失が高く材料固有の響きを持たない、耳当たりの柔らかい音が特長の液晶ポリマーフィルム振動板を採用。高剛性と広帯域にわたる高い内部損失を両立し、高解像度の中域・高域を実現。

Beat Response control

ハウジング上に設けたポート(通気孔)により、低域における通気抵抗をコントロール。振動板の動作を最適化しすることで、低域の過渡特性を改善しリズムを正確に再現した。

広帯域HDドライバーユニット採用

広帯域(4 Hz-80 kHz)再生を実現する40mmHDドライバーユニットを採用することで高音質化を徹底追求。振動板のハイコンプライアンス化と、軽量ボイスコイルの採用により、レスポンスの早いパワフルな低域から高域まで幅広く再現。

包み込む装着感を実現するエンフォールディングストラクチャー

低反撥ウレタンフォームを立体的に縫製したイヤーパッドと、イヤーパッドが内側に倒れ込む構造を採用し、耳を包みこむような快適な装着性と高い気密性を実現。音漏れを低減し、重低音域の迫力をあますところなく再現。

新開発からみにくいセレーションコード

コード表面の細かい溝によりからみの原因である摩擦を低減。スライダーコードとの併用で効果的にからみを防ぐので、リスニング時や持ち歩きも快適。
高級モデルらしく、コードを使い分けられる着脱式を採用。

リスニング用途として高評価なMDR-1R

Z1000の様なモニター指向のヘッドホンは音の粒立ちのキメ細やかさ、表現力に優れるものの、ともすればそれが刺激になってしまい、長時間の視聴に適しない場合がありました。一方、MDR−1Rでは刺激となるべきピークの音をまろやかに受け止めており、チューニングの妙が伺われます。 しかし、それを退屈にしないだけの十分な解像感を併せ持っており、実にリスニング向きのヘッドホンです。

SONY MDR-1Rシリーズ一斉レビュー (MDR-1R,MDR-1RBT,MDR-1RNC・銀座ソニービル先行展示)- T.Kamo de Tokyo

Z1000のような超高解像度なモニター用ヘッドフォンではなく、器気疲れしない程度の解像感を持つリスニング用ヘッドフォンなんですね。

MDR-1Rは、解像度こそモニター系ほどじゃないが、音を楽しむのには、十分。低音は、ズンと来るタイプじゃなく、キレのあるスピーディーな感じ。かなり好印象。ベースの弦をはじく音なんかは、すぱっと耳に飛び込んで来る。「もたつく」とは、対極の低音。ボーカルは、気持ち遠く感じることもあるけど、しっかりと、耳元にいすわってくれる。そのボーカルを取り巻く音源(楽器)たちもまた、存在感ばっちり。

MDR-1R、MDR-1RBT、MDR-1RNC、まとめて、実機レビュー! - 店長のつぶやき日記。。。

低音が良さげですね。ゆったりと音楽を聞くことができそう。

全体の音の傾向としては低音より、低音は締りがあってボワつく感じはない。 少し低音過多と感じるのはアンプのPHA-1が低音よりだからであろうか。 中高音は音量を上げても刺さることがなく、非常に聴きやすい。特に中高音の滑らかさや艶やかさは特筆すべき点でもある。女性ヴォーカルにはもちろん、男性ヴォーカルも合う。

Le blanc ciel et un jardin noir: MDR-1R レビュー 音質編

中高音域は滑らかで艷やかしい。気持ちよさそうですねー。

クラシックはヴァイオリンがとても伸びやかで、それでいて金管楽器が目立ちすぎることがない。抑揚表現もとても緻密だ。一方でジャズやハードロックは、締まりの良い低域のおかげもあって、いつもよりグルーブ感の高い、ノリの良いサウンドが楽しめるし、ポップソングなどでは、女性ヴォーカルの歌声がとても丁寧で、感情表現が豊かだ。

ソニーの新ヘッドホン「MDR-1R」レビュー - クラシックから初音ミクまで幅広い楽曲で実力チェック

作業中にPerfumeとか聴いたら、絶好調で捗りそうですねー。

概ね、高評価なSONY MDR-1Rですねー。欲しくなっちゃいますねー。
MDR-1R 24,800円(税込)- ソニーストア
MDR-1RBT 34,800円(税込 - ソニーストア
MDR-1RNC 39,800円(税込 - ソニーストア
Amazonでは、MDR-1Rが、20,250円(※2012年10月31日現在)です。
ソニー ステレオヘッドホン ブラック MDR-1R/B【Amazon.co.jp】

ソニーのスペシャルコンテンツでは、開発者のインタビューが掲載されています。必読ですよ。

MDR-1 開発者Interview PART1 | 開発者インタビュー | MDR-1シリーズ | The Headphones Park | スペシャルコンテンツ | ヘッドホン | ソニー

そんなSONY MDR-1R、インピーダンスは24Ωです。このインピーダンスであれば、音量はiPhoneでも十分実用的です。
ボクはBluetoothモデルである「MDR-1RBT」を狙っています。Amazonで30,677円(※2012年10月31日現在)なんですよー。欲しい!使いたい!聴き込みたい!
SONY ワイヤレスステレオヘッドセット 1RBT MDR-1RBT【Amazon.co.jp】
ヤバイ...また新たに悶絶しちゃうモノをみつけてしまいました。

こちらの記事も役に立ちます

スポンサーリンク