ウケるデジモノブログ|smiley-jp

デジモノをこよなく愛するブログ

kamiz | | ブログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly
Parallels8をようやく購入しました。 まさかこんなにも作業効率が良くなるとは、思いもしませんでした。 特定のソフトだけのためにWindowsを使う必要があるアナタに伝えたい、 MacでWindowsを使うなら、 BootCampよりParallelsを使うべき3つの理由をお話しします。

Parallelsは複数のOSをひとつのハードで利用できる

13010301

Windows2000やXPで動いていたソフトでも、
Windows8やWindows7では動作しない場合があります。
こんな場合でも、Parallelsは複数のOSをインストールできるので、
状況によって、いとも簡単にOSを切り替えることができます。
「長年の業務上、どうしても必要なソフトなのに、最新のOSで利用できない」
こんなケースでも、無問題〜!
高スペックな最新のハードで、古いソフトでもサクサクっと作業できます。
ン〜素晴らしい!

Parallelsならデスクトップで指三本スワイプすればOS XとWindowsを瞬時に切り替えできる

13010301

OSスイッチをやりたくて、
MacBook白(初代)とParallels3を購入したことがあります。
MacBookとParallelsとWin2000でグリングリン!|Smiley-jp -ウケるデジモノブログ-
当時はめちゃめちゃ感動してました。
ひとつのハードで、ふたつのOSを利用できるのはとても魅力的です。
BootCampでもWindowsは走ります。が、再起動しなければならない。
これがやっぱり億劫なんです。

Windowsを使う時は、MacをWindowsマシンとして使えばいいと。
そう考えて今まで使ってきましたが、そりゃOS Xのほうが使いやすい。
ネットだってテキストだってOS Xを利用した方が、気分も乗るし楽しい。
Windowsはやはり業務OS。楽しくないので気分が乗らない。

ボクの場合はCADだけWindowsを利用して、その他の作業はOS Xです。
CADの時は、デスクトップで指三本スワイプでWindowsにチェンジ、
OS Xを利用する時は、再度指三本スワイプで切り替えます。
OSの切り替えがサクサクです。ん〜素晴らしい!

ParallelsはBootCampに勝るとも劣らない処理速度

parallels8_02

WIndowsのエクスペリエンスは、ハードを直接使用するBootCampが5.5、
OSを仮想化して別のOS上で動かすParallels8が5.1でした。

BootCampではファンコントロールが上手く機能せずに、パームレスト部分が熱くなるわ、ファンが回ってうるさいわでした。

Parallels8でWindows7を動かしてみると、ファンはコントロールされ静かでパームレストも熱くない。ん〜素晴らしいッ!

本日のまとめ

MacでWindows使うなら、BootCampよりParallels。これ絶対。
Windowsを使いたいときに使いたいだけ使えるParallelsですが、
7,900円の投資価値はあります。
作業効率が3億倍(ボク比)アップしますよ^^

こちらの記事も役に立ちます

スポンサーリンク