ウケるデジモノブログ|smiley-jp

デジモノをこよなく愛するブログ

2013東京競馬場の花火大会レポ!楽しさも大きさも盛り上がりも最大級!

| | ブログ

東京競馬場の花火大会はそりゃもう別格の楽しさ

Untitled

いよいよ今年もやってまいりました「東京競馬場花火大会」
2013年は7月21日の19:30〜20:00までの30分間でした。
府中市の広報では雨天決行とのことでしたが、多少雲があったものの夕立もなく、
気温も比較的涼しいどころかちょっと肌寒い程度で、
とても快適に花火を楽しむことができました。

2012年の東京競馬場花火大会も、めちゃめちゃ楽しかったよ。

東京競馬場の花火大会がすんげぇデカイ花火でめっちゃ楽しい
ウケるデジモノブログ-Smiley-jp-

東京競馬場の花火大会で利用している駐車場

まぁ府中駅近辺の駐車場は、どこもかしこも満車満車満車です。
こういうときは徒歩15分圏内の市営駐車場が便利です。
我が家では前年と同じく「ルミエール府中」の駐車場にとめました。
東京競馬場まで20分くらいかけてゆっくり歩いていきます。

平日は逢う時間が少ない子どもたちと手をつないで、
学校の話、保育園の話、友達の話、考えている事や、悩んでいる事など、
子どもたちのいろんな話ができるとても有意義で充実した時間を過ごす事ができます。

ルミエール府中の駐車場の閉館時間は22:00。東京競馬場の花火が終わるのは20:00です。
駅前で食事をする時間もつくれるし、駐車場まで戻って車で移動しても良いし、
時間にゆとりがあるので心にもゆとりが生まれることで、
家族との時間を有意義に過ごすことができます。

東京競馬場花火大会!子連れ家族はココで見るべし

Untitled

東京競馬場の地下道をくぐり抜けて馬場内に入ると「緑の広場」と呼ばれる広大な芝生ゾーンがあります。子どもたちは裸足になりたがるほどフワッフワッな芝生です。子どもたちは走り回りまくります。転んでもあまり痛くないようで、大はしゃぎで遊びまくります。

Untitled

馬場内に繋がる地下道は3本しかありません。しかも地下道の距離が長く移動がめんどくさい。一度馬場内に入ったら場外にでない方が懸命です。

女子トイレは仮設トイレが数多く設置されますが、TDLのアトラクション並に並びます。
トイレは場外で済ませておくのがベストです

生ビールは550円。ジュース類は200円。食事関連も多少、値が張りますので、
東京競馬場外で水分や食事を購入してから入場することをお勧めします。
そのときのゴミは自分達で持ち帰るのは大人のマナーですね。

Untitled

芝生ゾーンは18:00以降に人が急激に増えてきます。 馬場内への入場は、比較的空いている18:00までがベストです。

大きな花火と魅力的な音楽による30分間の素敵な魔法

Untitled

「打ち上げ時間30分間で約6,000発の花火」これが子連れ家族には最大のメリットです。
子どもたちってすぐ飽きるんです。「ドーンッ」と大きな音で打ち上がる花火も最初のうちは大はしゃぎですが、30分頃から飽き出します「まだぁ〜」「次どこ行くの」というキーワードが出たら飽きはじめのサインです。
おもむろにバッグからDSを取り出します。

30分だと飽きすに済みます。さらに30分間という短い時間で約6,000発の花火を打ち上げるので、夜空に打ち上がる花火の数量と密度がハンパないっす。かなりダイナミックな花火になるので子どもたちのテンションも最高潮のまま持ちます。
子どもたちが飽きない術を盛り込んだ、絶妙でナイスな花火大会なのです。

ママも「キレイ〜」と感動して喜んでくれますよ。
このブログを読んでくださっているパパさん。
ママへの日頃の感謝の気持ちを込めて、来年は家族みんなで遊びに行ってくださいね。

来年の2014年もこのクライマックスを味わいにいくぜ!

iPhone 5で撮影した動画を貼りました。
2013年東京競馬場花火大会のクライマックスシーンをお楽しみあれ!

最後まで読んで頂いてありがとうございました。

こちらの記事も役に立ちます

スポンサーリンク