ウケるデジモノブログ|smiley-jp

デジモノをこよなく愛するブログ

kamiz | | ブログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

どうも@kamizです。
先ほど(といっても深夜1:30頃)にTVをザッピングしていたら、とても興味深い番組をやっていまして、つい真剣に見入っちゃいました

NHKスペシャル「"新富裕層" vs国家 ~富をめぐる攻防~」

おおまかな内容としては、ITや金融で富を築き自国より税率の低い国外へ移住しさらに富を築く新富裕層の動きに密着し、その富が世界経済に及ぼす影響、働かざるものとの格差拡大、富の再分配や公平性のある国家とはどのようなものなのか。といったものです。

すでに独立している新富裕層、新富裕層を夢見て海外へ移住し起業する者、その者たちをサポートする者...。大きなリスクを制した者が大きな富を築くことができる。そこにあるさまざまな思惑が絡み合う様はすごく異様に感じました。

しかし内需のない新興国にとっては、とても魅力的な新富裕層の富。
そりゃ新興国は税率を低くして新富裕層を呼び込みたくなるってもんです。
「社長さん!安いよ易いよ!サービスしとくよ!」ってなもんです。

グローバル化、IT化、金融システムの高度化の3つによって先進国で作られた、新富裕層というモンスター。先進国で拡大する格差、さらに新富裕層の国外への移住、それに起因する税収低下と社会保障の縮小。先進国が作り上げた資本主義社会の負の遺産です。

新富裕層としてみれば、ルールの中で仕事して築いた富を税金で再分配するなんて信じられない。働け。ということでしょう。正論です。しかし持つ者と持たざる者がいるのです。
「チャンスはどこにでもある。それをどう見つけてどう生かすかで人生が変わる」
などはよく言われる古典的文句ですが、生まれながらの環境と社会的な立場でチャンスの質、数はまったく違うしね。いくら努力してもチャンスすらない者もたくさんいるんですよね。

番組としては「新富裕層ゴイスー!」的な見方もできるんだけど、新富裕層近辺の実態はそれほど安定している訳ではなさそうですね。
でも、新富裕層くらい意識を高めていかないと、10年後、20年後には生きていけない感じもしますね。がんばろっと。
そういえばiMacやMacBookを使用している場面が多かったなぁ。

シンガポール在住の投資家阿部公久さんNHKスペシャル「新富裕層」に出演 : 市況かぶ全力2階建

NHKスペシャル『"新富裕層" vs. 国家 ~富をめぐる攻防~』(8/18)のメモ - kojitakenの日記

日本の シンガポール化について(内田樹) - 注目の記事 - BLOGOS(ブロゴス)

こちらの記事も役に立ちます

スポンサーリンク