ウケるデジモノブログ|smiley-jp

デジモノをこよなく愛するブログ

kamiz | | アップル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

iPhone 5c の嫁用ピンクと娘用ブルーを購入しました@kamizです。
iBookやMacBook白を彷彿する、iPhone 3G 以来のポリカ筐体のiPhone 5c ですが、
「ポリカ」「5色展開」から垣間見る事ができる「成熟感」と「手詰まり感」について、いろいろ考えてみました。

iPhone 5c に感じるiPhone の成熟感

5年前には「iPhone?なにそれ?おいしいの?」的な立場でアーリーアダプターのみに愛されていたiPhoneですが、近年ではiPhoneの所有率がかなり上がっています。革新から5年で普及期に入ったと言えるでしょう。

IMG_6669

アップルのフィル・シラーはiPhone 5c について廉価版という意味の言葉は言っていません。ラインナップに残しているiPhone 4Sが廉価版という位置づけになるでしょう。

iPhoneは普及期です。世界的に認知され一般的なモノになりました。購買層が幅広くなり、iPhoneにはスペックよりも色や使いやすさや低価格などのバリエーションが求められるようになりました。
iPhone 5 のスペックがあれば常用利用に支障はありません。十分過ぎるくらいです。普及するためには低コストで製造できるiPhoneが必要です。iPhone=高スペック+デザイン性というブランドが認知された。次のフェーズが「普及」だとすれば、高性能はそのままに低コスト化しつつ「iPhone+色=カワイイ!」「iPhone+ポリカ=持ちやすい安心感」など選択肢を増やす。iPhone 5c は廉価版ではなく普及版のiPhone ということです。

iPhone 5s に感じるiPhone の手詰まり感

iPhone 5 で「iPhone」の形状・仕様・スペック含めて、デザインはほぼ完成されたと思っています。ムダのない素晴らしいデザインでした。言い方を換えれば伸びシロが無くなってキタんじゃね?ってことです。

iPhoneは携帯電話市場に異論を提唱したアップルの革新的製品です。そのiPhoneを追従してスマホのデザインはほぼ横ばいになってしまいました。アーリーアダプターは次の革新的ガジェットを探し始めているのです。iPhoneはもはや、高機能・高性能を提供、各種機能を市場提案する革新的製品「iPhone」じゃなくなってキタんじゃね?と感じるのです。

Untitled

ユーザー(特にアーリーアダプター)は高機能・高性能の商品を維持・使用することから得られる富裕感や高揚感などの、意識的体験・経験にお金を支払っています。日々の生活で常用する機能としては一年前のiPhone 5でも十分すぎるほど高性能なのですから。

そんなiPhoneでも唯一革新的な機能が「指紋認証」です。
この技術は仕様と設定を間違う事がなければ電子機器全てに標準搭載されてもおかしくないほど素晴らしいです。今後は自動車や運輸、金融など様々な業界で利用される技術でしょう。これだけがユーザーが感じることができるイノベーションです。

iPhone 5s/5c はアップル側のイノベーション

iPhone 5s/5c について考察された素晴らしい記事をご紹介します。

上に伸びる "iPhone5s"に対して、横に広がる "iPhone5c" というわけだ。
【iPhone】廉価版じゃ無かったiPhone5cと消えたiPhone5で解ったAppleのイノベーション | 林囓mac

appleの本当の狙いは「キャリア販売で実質無料・中古市場の活性化」この2つの方法でiPhoneを新興国に浸透させていくことなのではないでしょうか。
廉価版iPhoneは必要ない!appleの本当の狙いはiOS7で新興国市場拡大を図ること | 隠居系男子

iPhoneの販売戦略を見直したアップルの真意が良くわかる素晴らしい記事です。
ほんとに勉強になります。

横に広げユーザーを拡大することで、ユーザーはアップルの便利なサービスの恩恵を受け続け(囲い込み)、長い年月アップル製品を利用する可能性が高い。上に伸ばすことも可能でしょう。アップルはじっくりと長期的なユーザー数を拡大することに取り組んでいると考えられます。ハードとOSとサービスが見事にシームレスで使いやすいアップルならではの戦略と言えます。

iPhoneで進めてきた「革命的革新」という戦略が手詰まってきた感が否めない。それはジョブズを失ったアップルが「スティーブ・ジョブズ=」とは違うやり方を模索・実行しているということです。世界で唯一の革命革新企業が、只の超巨大優良企業になったということでしょう。誰も「スティーブ・ジョブズ=」にはなれません。ティム・クックのアップルになるしかない。たとえそれがどんなに退屈であろうとも。

世界をイノベーションをしてきたアップルが、iPhone 5s/5cでは自社の戦略をイノベーションしてきたのだなと。「外から内へ」的なイメージを強く感じるのです。それは良くも悪くも「スティーブ・ジョブズ=」からティム・クックのアップルへの変革、そしてアップルのイノベーションなのだと感じました。

アップルにも救いはある

IMG_6674

アップルに救いはあります。ジョナサン・アイヴです。
彼のデザイン思想・理論・センスは、アップルのために存在していると言っていいでしょう。ジョニーがいなくなればアップルはたちまち奈落の底へ沈んでいくと想像するのは難しくありません。アイヴとジョブズはデザイン理論を共有しています。アイヴのなかに「スティーブ・ジョブズ」は今も存在している。アイヴがアップルに関与する限りアップルは安泰であり、革新的な製品を世に送り出してくることでしょう。iPhoneを素晴らしいガジェットです。少なく見積もってもボクはアップルの大ファンです。

書生には生意気な文章でしたが最後まで読んで頂いてありがとうございました。

こちらの記事も役に立ちます

スポンサーリンク