ウケるデジモノブログ|smiley-jp

デジモノをこよなく愛するブログ

kamiz | | デジモノ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

昼間暖かく夜寒い季節になってきました。@kamizです。こんにちわわわ。う〜寒い。

みなさんクルマで楽しむ音楽はどのように鳴らしていますか。
ウチのカーナビ(ホンダ)はBluetooth搭載してるのに対応しているプロファイルは電話のハンズフリーだけ。つまりiPhoneとカーナビをBluetoothで繋げても音楽を楽しめない、Bluetooth音楽再生非対応カーナビ(A2DP非対応カーナビ)なんです。

普段はiPod Touch 1st 8GBに音楽を入れてUSBで繋いでいます。8GBしかなく、その都度聞きたい曲を保存することになります。手間がかかりちょっと不便。常時携帯しているiPhone 5 64GBの中の音楽を利用できないかと考えていたところ、ウチのBluetooth音楽再生非対応カーナビをパワーアップする、待ちに待っていた製品が登場しました。今回はこの頼もしいヤツのレビューです。

Bluetooth音楽再生非対応カーナビに高音質コーデック対応Bluetoothアダプター「LBT-AVWAR700」を繋げる

LBT-AVWAR700はBluetooth非搭載のコンポやスピーカーに接続し、iPhoneなどのBluetooth端末と繋ぐことができるアダプターです。ACアダプターもついていますが、5VのUSB給電にも対応しています。つまりUSBシガーチャージャーから給電できるのです。

BluetoothオーディオレシーバーBOX - (LBT-AVWAR700)【ELECOM】

LBT-AVWAR700の目玉機能が高音質コーデック「AAC」と「apt-X」対応。
Bluetoothで飛ばす音楽データの圧縮方式は「SBC」と呼ばれる圧縮形式のものが多いのですが、このSBCは圧縮送信時にタイムラグが発生するため音が遅れる。高音域を消してしまうため音が低品質になる。無音時には無音では無くノイズが発生する。などがデメリット。一方「AAC」や「apt-X」と呼ばれる圧縮形式は、SBCの欠点を補完し高音質の音楽データを転送できます。詳しくは下記リンクにて。
Bluetoothのオーディオ機器を高音質で楽しむための「AAC」と「apt-X」 : Web Memo.SE
第545回:aptX とは - ケータイ Watch
【Bluetoothヘッドホン】【Bluetoothスピーカー】AAC/aptXとは?

Bluetooth音楽再生非対応カーナビをパワーアップする!コレがLBT-AVWAR700だ!

LBT-AVWAR700_review_01
ELECOM(エレコム)のBluetoothオーディオレシーバーBOX「LBT-AVWAR700」です。これでウチのBluetooth音楽再生非対応カーナビでも、iPhoneからBluetoothで音楽を飛ばせるようになります。

LBT-AVWAR700_review_02
バッテリーとの接続部がUSBで5V供給で駆動可能なため、シガーソケットに取り付ける5V対応のUSBシガーチャージャーで電源供給が可能です。コレでウチのBluetooth音楽再生非対応カーナビが息を吹き返します。

LBT-AVWAR700_review_03
AAC/apt-X対応。USB接続と遜色のない高音質。そして音ズレがない。Bluetooth音楽再生非対応カーナビが一気に最新の高音質コーデック対応カーナビに変身した。

Bluetooth仕様Bluetooth Ver3.0 準拠
キャリア周波数2.4GHz帯
周波数拡散FHSS
伝送距離最大半径10m(障害物なきこと)
対応プロファイルA2DP
対応コーデックSBC/AAC/aptX
同時ペアリング数最大8台
環境条件 動作時温度 5~35℃
湿度 0~80%(ただし結露なきこと)
環境条件 保管時温度 -10~50℃
湿度 0~80%(ただし結露なきこと)
入力電圧5V(USB給電)
外形寸法(幅×奥行き×高さ)80.8×19.7×69.8mm(突起部分を除く)
質量約55g
保証期間1年間
法令対応TELEC
適合規格BQB
付属品USB ACアダプタ、USB充電ケーブル、
オーディオケーブル、RCA変換ケーブル、
取扱説明書(保証書付き)、簡単接続ガイド

LBT-AVWAR700_review_04
サイズ感。とてもコンパクトで軽い。両面テープ付き面ファスナーなどで車内のどこでも設置可能。

LBT-AVWAR700_review_05
前面部分。給電中は前面の白いLEDが光り続けます。

LBT-AVWAR700_review_06
背面。光デジタル(角形)とステレオミニ出力(AUX端子)搭載。ウチのカーナビはAUX端子がナイので、HONDAのディーラーにて純正のVTRコード(ステレオミニプラグ〈Ø3.5mm〉タイプ)を取り付けてもらいました。
メカニックもBluetoothには興味津々。いざ音を出してみるとボクとメカニックで「オオーッ」と盛り上がっちゃいました。

LBT-AVWAR700_review_07
音飛びもなく、USB接続と遜色のない高音質さは特筆すべき製品です。

LBT-AVWAR700でBluetooth音楽再生非対応カーナビにiPhoneからBluetoothで音楽を鳴らせたときの高揚感はハンパねぇよ

カーナビで使えるような記述は一切なく不安でしたが、iPhoneとLBT-AVWAR700をペアリングし、iPhoneで楽曲を再生すると見事に高音質な音楽が流れました。Bluetooth音楽再生非対応カーナビにiPhoneからBluetoothで音楽を飛ばせたときのうれしさと言ったらそりゃもの凄いものでしたよ。

LBT-AVWAR700は8台までのマルチペアリングに対応。Bluetooth音楽再生非対応カーナビに、車内の複数の端末から音楽を飛ばせるのだ

地味にうれしいのが「マルチペアリング機能」です。8台までのマルチペアリングに対応しているので、ボクのiPhone 5、長女のiPhone 5c、嫁さんのiPhone 5Cともペアリングすることが可能なのです。繋げるときは他のBluetooth接続を切る必要がありますが、各々の好きな曲をBluetoothで飛ばし聴くことができる。これが地味にうれしい機能なのです。

LBT-AVWAR700があれば古いカーナビだって、Bluetooth音楽再生対応カーナビに生まれ変わるのだ

これでiPhone 5に詰め込んだ音楽をそのまま楽しむ事ができます。クルマ用に音楽データを待ちだす事も無くなりとても気が楽になりました。

音楽再生中にiPhoneに着信があれば、カーナビ本体側のBluetooth接続でハンズフリーに切り替わり、LBT-AVWAR700側Bluetoothの音楽再生は中断されます。通話完了後はiPhone側で音楽を再生します。音楽再生と通話の切り替えがとてもスムーズです。着信しても音楽が鳴りっぱなしということはありません。

クルマのエンジンを切るとiPhoneで再生している音楽は止まります。エンジンを始動しても最新のカーナビのように音楽が自動で再生することはありません。人を乗せるときに聞かれたら恥ずかしいような楽曲が自動再生することがないので安心です。

UBiO: 高音質イコライザーアプリで鳴らすと、迫力の重低音を味わう事ができます。「ウチのカーナビ、こんなにイイ音出んのかぁ」と感慨ひとしおです。
Bluetooth音楽再生非対応カーナビでもウォークマンだとかなりイイ音で楽しめるだろうなぁ。

Bluetooth音楽非対応ナビとiPhoneで音楽を鳴らす方法でした。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly