ウケるデジモノブログ|smiley-jp

デジモノをこよなく愛するブログ

kamiz | | ブログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

花粉症にはアレロックが効く!@kamizです。こんにちは。

何年かぶりに体重計に乗ったらなんと81kgと表示されました。体重計に間違いはなく間違いなのはボクの生活習慣。15年間運動しなかった38歳のおっさんが心を入れ替え、近所の川の土手でのランニング事始めしてみた顛末です。

18〜21歳の頃は、MTBでダウンヒルやBMXのコースで遊んでいました。あの頃は腹筋も割れていたし持久力もそこそこありました。23歳くらいまではフットサルやサイクリングやらそれとなく運動していました。身長は168cmで体重は58kg程度でした。

それから38歳になるまで15年間はまったく運動しておらずぶよぶよな脂肪を蓄えること15年間。いまでは体重81kgにまで育ちました。

今日はAM7:00に目が覚めたので、朝の準備をしている家族に「ランニングしてくっかな」と相談すると「え〜!!!まさかそんな言葉が飛び出るとは!」とびっくりされました。

ランニングウェアは所有していないので、ユニクロのステテコとドライTシャツにノースフェイスのウィンドブレーカーを羽織り、NIKE FREE RUN + 2を装備しました。 いざ近所の川の土手のサイクリングロードへ!

  • 0〜50m程度「おっ!軽く走ることができるじゃん!」
  • 100m程度「ももの筋肉が疲れてきたかな」
  • 200m程度「すっ、すっ、はぁのリズムで...」
  • 300m程度「すっすー、はぁ、はぁ、はぁ、はぁ」
  • 400m程度「ひっひー、ぜぇ、ぜぇ、ぜぇ、ぜぇ」
  • 500m程度「ぜぇ、ぜぇ、あ...あの、あのは、橋の、し、したまで... 」
  • 510m程度「ひーひー、も、もうだめ...」

520m付近で走れなくなりましてウォーキングになってしまいました。いやぁ〜走るのが辛いこと。500m程度を軽くランニングすることがこんなに辛く苦しいほど体力が落ちているとは。

400m程度からは空気を吸っても吸っても肺に酸素が入ってこない感覚でした。胸が苦しくなり、のどが痛くなり、股の筋肉が痛くなり固くなっていくようでした。すっげえ苦しいのね。

おばちゃんやおじちゃんのランナーには余裕で抜かれたときは「継続は力なり」という言葉の重みを感じるほど、自分のふがいなさに落胆しちゃいました。

通勤や仕事の移動もクルマ中心の生活で、15年間まったく運動しなかったボク自身の体力不足だけでなく、不規則すぎる生活習慣の弊害を実感しました。身体も心も怠けきっておりました。

川には釣り人、ランニングやウォーキングなおばちゃんやおじちゃん、サイクリングな人、ゴミ拾いな人、みんな楽しそうな顔してました。ボクだけ苦しそうな顔してましたね〜。あんなに楽しそうな人たちを見ると不規則な生活はもったいないなぁと改めて感じちゃいますね。

これを機にできるかぎりランニングを続けることにします。まずはランニング持続距離1kmを目標に。そして、いつかおばちゃんランナーを抜かすことを目指して。

こちらの記事も役に立ちます

スポンサーリンク