ウケるデジモノブログ|smiley-jp

デジモノをこよなく愛するブログ

kamiz | | ブログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

walking_003

こんにちは@kamizです。15年間運動しなかった38歳男子がマラソン大会目指して繰り広げる、笑いと涙と感動のスペクタクル巨編シリーズ。ジョギングすら苦しくなる始末のボクがランニングのセオリー通りにウォーキングから基礎体力作りをしていくお話です。3日目の今回は筋肉痛カッチカチとストレッチマンのお話です。

ためしに6kmウォーキングしてみる

1回目でジョギング500mで息が上がり、モモがひどい筋肉痛になる。2回目は3.6kmのウォーキングで軽く息切れて筋肉痛が回復せず。筋肉痛のままウォーキングしても気分がノらないので、筋肉痛が収まるまで何日か休みました。

3日後に筋肉痛は回復。4日後からウォーキング再開。6kmの距離感をつかみたいと思い、ためしに6kmウォーキングしてみました。普段と同じスピードで歩いていても基礎体力向上効果は得られないと思い、1kmを10分程度でウォーキングしてみました。

筋肉がカッチカチのパンパンでストレッチマン参上

最初の1kmで両足のふくらはぎ(腓腹筋)とすねの外側の筋肉(前脛骨筋)がカッチカチのパンパンに。さすがにしんどくなってきたのでサイクリングロードの路肩に外れてストレッチを施しました。

10分間程度、筋肉を伸ばしたり叩いたり摩ったりストレッチパワーを溜めたりしてると筋肉がどんどん緩くなっていく。

「人体って不思議だな〜」と変なところで感心しつつ、ウォーキングを再開し3kmの折り返し地点まで到着。ここでは10分程度ストレッチパワーを溜め込みました。

無駄な動きがなくなって筋肉疲労がなくなった

筋肉の緊張もほぐれたところで折り返しスタート。4kmあたりで筋肉が緊張しストレッチ。この4kmあたりでのストレッチ以降は筋肉の緊張はなくなり、カラダがフッと軽くなるという不思議な感覚を感じることができました。

6kmを62分で完歩。とても気持ちよくウォーキングできました。

日頃から運動しないのでウォーキングに無駄な動きが多かったんだ思います。筋肉パンパン→ストレッチを繰り返す事でカラダが効率よく動くようになったと。腓腹筋と前脛骨筋が「おまえ無駄な動きが多いんだよカス!」と一喝してくれたんでしょう。

ウォーキングはすぐに効果が出るものではないですが、すこしづつ微々たる変化でもうれしいものですね。しばらくは6kmを60分のペースでウォーキングしてみます。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly