ウケるデジモノブログ|smiley-jp

デジモノをこよなく愛するブログ

ウォーキングダイエット4回目「正しい姿勢の歩き方で身体が楽になってきた」

| | ブログ

ウォーキングダイエット4回目

こんにちは@kamizです。15年間運動しなかった38歳男子がマラソン大会目指して繰り広げる、笑いと涙と感動のスペクタクル巨編シリーズ。ジョギングすら苦しくなる始末のボクがランニングのセオリー通りにウォーキングから基礎体力作りをしていくお話、4日目の今回は「身体が楽になってきた」お話です。

筋肉痛の回復がはやくなってきた

3回目完歩後に時間をかけてストレッチを施したおかげか次の日には筋肉痛が回復。連日のウォーキング(4回目)に出かけることができました。

前回と同じくウォークプランは「6kmを60分で歩く」です。早歩きを意識し続けないとすぐに普段の歩くスピードになってしまうような速度です。普通に歩いてる人をグイグイ抜く程度のスピードという説明のほうがわかりやすいですね。

歩き方に無駄がなくなってきたのか、姿勢を意識しているからか、足の疲労が減った気がします。筋肉がカチカチやパンパンになることもなく、リラックスしてウォーキングできました。

やはり姿勢を意識することが大切だと実感

4回目からは姿勢を正して歩くことを強く意識してウォーキングしています。
ググって自分なりにまとめて実践しているウォーキングの正しい姿勢は5つだけ。

  1. 顔を上げてあごを引き気味にし、視線を4〜5m先に置く
  2. 頭の頂点が引っ張られているイメージで背筋を正す
  3. 上半身が腰に乗っかっているカラダをイメージする
  4. 骨盤を振り回すイメージで足を振り、肘で腕を振る
  5. 後ろ足は伸ばし、前足はかかとで着地する

スムーズな動きで速いランナーは姿勢が良い。ゆっくりジョギングしているランナーはドテッドテッと姿勢が悪いことを見ていて感じました。ググってみると姿勢がトレーニングに及ぼす影響は計りしれないのだなぁと思いました。

端から見ても良い姿勢をたもつことでカラダの動きに無駄がなくなり効率よく効果的なトレーニングができる。これを知ったのが今回の収穫です。姿勢を意識するだけで身体の負担が少なくなったなぁと感じましたもの。

正しい姿勢を意識して6kmを60分を続ける

6kmを60分でウォーキングするのは15年間運動しなかったカラダにはキツイ負荷かもしれませんが、ウォーキング4回目にしてカラダが徐々に少しずつですが順応してきた感があります。ダイエット効果はまだまだ感じませんが6kmを完歩すると、気持ちいい汗をかくし心地よい疲労感があります。意識はパキッとしますしね。ウォーキングは良い事ばかりです。

今度は、夜ウォーキングしてみようかと思案しています。

こちらの記事も役に立ちます

スポンサーリンク