ウケるデジモノブログ|smiley-jp

デジモノをこよなく愛するブログ

kamiz | | ブログ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

嫌なことがあったとき

嫌なことがあったときって凄く落ち込むことありませんか。
「なんでッ自分だけッこんなッ目にッあうんだッ...」
「どうしてッ...こんなことになったんだァァァァ...」
「リ...リセットボタンは...ド...ドコダ...」
「アァァ...○○になっちゃうゥゥ..△△だったら生きていけないッ...」

家庭や仕事での嫌なこと、友人や恋人との嫌なこと、様々なシチュエーションで嫌なことがあったときはどうしても落ち込むもの。ではどうすれば前向きになれるのか。嫌なことを糧に自分が成長できる3つの方法をお話しします。

嫌なことがあったときの内容を書き出す

「仕事で取引先からクレームで取引停止寸前。どうしよう」
「彼女とケンカして別れ話に」
「病気が見つかって検査入院が必要。どうなちゃうんだろう」
など様々なシチュエーションで嫌なことがおこります。そんなときはまずアタマを整理する為に、嫌なことがあったときの内容を紙に書き出しましょう。

嫌なことがあったときはアタマが軽くパニックです。冷静に考えることができないんです。紙に書き出して現状を俯瞰して捉えてみましょう。

嫌なことがあったときの原因・要因を調べる

嫌なことを紙に書き出したら、その原因や要因を考えてみましょう。クレームは情報伝達ミスとか、別れ話は早とちりだったりと、なにかしらの原因があります。病気に関しても同じく、不規則な生活や暴飲暴食などの要因があります。

原因や要因をネットや本で調べる。徹底的にいろんな情報を見て読んで調べる。膨大な情報量でもアタマは勝手に整理し始めるのでご安心を。とにかくたくさんの情報を調べましょう。

嫌なことの本質と対策を考える

嫌なことの原因と要因について調べた情報は自分の知識になります。知らないことについては考えることができませんよね。知っていることなら考えることができます。

知ったことは、自分の知識となります。知識があれば物事の本質を自分なりに考えられます。本質が見えてくれば対策を考えられます。

本質と対策が見えれば、嫌なことを解決できるでしょう。

嫌なことがあったときは考えよう

嫌なことがあったときは落ち込みます。なぜか?嫌なこととは、自分の知らない範疇のアクシデントだからです。

知らない範疇で知識もなく考えることができないとき、人の思考はマイナス方向ばかり考えてしまいます。知らないから考えられず不安ばかりが押し寄せてくるからです。

不安な考えはループします。同じことばかりループします。ループしていると、どんどん落ち込んでってしまいます。

ひと通り不安な考えがループしたら切り替えましょう。知らない部分を調べて自分にインプットすれば、それは自分の知識になります。

自分の知識なら考えることができます。嫌なことの本質を考え抜けば、自分なりの対策をアウトプットできます。

この方法だと、嫌なことがあったストレスを自分の知識に変換できちゃいます。ストレスが知識となり自分の人生に生かす事もできちゃいます。

嫌なことがあったときは、経験を踏み知識を吸収し、自分の器を広げ成長できるチャンスだと考えましょう。

こちらの記事も役に立ちます

スポンサーリンク