ウケるデジモノブログ|smiley-jp

デジモノをこよなく愛するブログ

iPhone6 Plus 128GB レビュー|外観編

| | iPhone

iPhone6 Plus 128GB 外観レビューをお届けするッ

座右の銘は「大きい方がイイに決まってる」@kamizです。こんにちは。

iPhone6 Plus 128GB スペースグレイ到着ッ。約2年ぶりのiPhone更新で、新しいガジェットを手にする高揚感と期待感が、ものすごい濃度で全身をッ駆け巡るなかお届けする、到着ホヤホヤのiPhone6 Plus 128GBの開封からの外観写真レビューをどうぞ。

ソフトバンクの予約システムにかなり焦らされた3日間

今回はソフトバンクの予約システムとの相性が悪かった。9/19の発売開始から丸2日もモンモンムラムラな日々を過ごしたので、事前予約からiPhone6 Plus 128GB到着までの経緯をまとめました。

事前受付〜商品到着までの流れ
事前受付2014年9月12日 16:01:17
本受付2014年9月19日 8:07
商品発送手続き開始のご連絡2014年9月19日 9:17
出荷完了のご連絡2014年9月20日 19:16
iPhone 6 Plus 到着2014年9月21日 9:40

iPhone 5のときは発売日前日に本申し込みメール到着and手続き後、発売日当日に発送完了で翌日の午前中に商品到着という流れでした。

IPhone6 Plusの場合、事前予約は9/12 16:01:17に完了で、本申し込み手続き完了は9/19 8:07でした。iPhone6 Plusの到着は9/21 9:40となり、かなり巧妙な焦らしテクニックで9/18〜9/21までの3日間も弄ばされちゃいました。もぅ、ソフトバンクさんったらっ...いぢわるなんだからっ。

iPhone6 Plus 128GB はケースがかなりシンプリシティ

iPhone6_Plus_140921_03
iPhone6 Plusの化粧箱上面(正面)にはiPhone 6 Plusの形状が型押し加工されている。簡素で質素。「これでもかッ」とiPhoneのシンプリシティが表現された見事な化粧箱。

iPhone6_Plus_140921_02
化粧箱側面。1st iPhone以来となる"iPhone"のみ記載でモデル名表記なし。

iPhone6_Plus_140921_04
化粧箱裏面。内容物と注意事項の記載。左下にソフトバンクの販売物表記のシールがべったりと貼られている。かなり残念。

iPhone6_Plus_140921_01
USIMカードと化粧箱。カードにプラモのパーツのようにくっついているUSIMを外すときは、USIMが折れたり割れたりしないように要注意。

iPhone6_Plus_140921_05
化粧箱のフタ開封。ドーンッと鎮座するiPhone 6 Plus。開けた瞬間の第一声は「うほッ..コイツ..デカいぞッ」

iPhone6_Plus_140921_06
本体保護フィルムのペロッとした部分をつまんでiPhone 6 Plus を取り出す。この瞬間に本体重量172gを感じる。

iPhone6_Plus_140921_07
サッと取り出した内容物一式。この内容はいつも通りで、USB電源アダプターもヘッドフォン(EarPods With Remote and Mic)もiPhone 5sから変更なし。

iPhone6_Plus_140921_08
左から、SIMトレー引き出し用ピン、アップルマークのステッカー、大人の事情説明書、各部名称説明書。これらもいつも通り。

iPhone 6 Plus の外観フォトレビュー

iPhone6_Plus_140921_09
iPhone 6 Plus スペースグレイの背面。上下のスジが気にはなるものの、結局ケースを装着すれば見えない部分である。カメラ部分の突起もケース装着前提で機能性を優先したデザイン。

iPhone6_Plus_140921_10
本体保護フィルムを剥がす前のiPhone 6 Plus 下部。ヘッドフォンジャック、底面のマイク、Lightningコネクタ、モノラルスピーカー。スピーカーはiPhone 5 よりも解像度が若干上がり低音が若干多くなった程度。音質の改善は感じ荒れるが所詮モノラルスピーカー。

iPhone6_Plus_140921_11
iPhone 6 Plus 左側面。着信/サイレントスイッチ、細長くなった音量ボタン。この細長い音量ボタン部分は筐体がかなり薄くなっているので要注意。

iPhone6_Plus_140921_12
iPhone 6 Plus 上面。スリープ/スリープ解除ボタンもない。なにもない面。スルッとツルッとしている。

iPhone6_Plus_140921_13
iPhone 6 Plus 右側面。スリープ/スリープ解除ボタンはこちら側に配置移動。SIMトレイもこちら側。筐体に各種ボタン用の穴を開けると強度は低下するよね。ユニボディ的な強度確保な解決策を期待。

iPhone 6 Plus にSIMを装着して運用開始

iPhone6_Plus_140921_14本体保護フィルムを剥がす"ペロパリの儀"。この儀式でビクビクする感じがたまらない。

iPhone6_Plus_140921_15
iPhone 6 Plus 電源ONの儀。リンゴマークが比較的小さめ。このときはワクワク感が絶頂を迎えている。

iPhone6_Plus_140921_16
世界各国言語の"こんにちは"シーン。この写真、自分的にはベストショット。SIM差し忘れてる。

iPhone6_Plus_140921_17
超固くて柔軟で型抜きも簡単にできる"リキッドメタル"とされるSIMトレイ取り出しツールぶっ込み中。

iPhone6_Plus_140921_18
SIM装着の儀。SIMの向きに要注意だわ、iPhone 6 Plus の内部にSIMが落ちないように細心の注意が必要だわ。かなり神経を使う作業...いや、儀。

iPhone 6 Plus にアップル純正レザーケース装着

iPhone6_Plus_140921_19
iPhone 6 Plus とアップル純正レザーケースを並べた。アップルマークのサイズと位置がiPhone 6 Plus 本体とほぼ同じ。

iPhone6_Plus_140921_20
アップル純正レザーケース装着時のiPhone 6 Plus 下部。モノラルスピーカーが若干かぶる。ヘッドフォンジャック左側もケース部分が近い。ヘッドフォンの種類によってはジャックが刺せない問題も発生する気配。

iPhone6_Plus_140921_21
左側面。着信/サイレントスイッチ部分はパッカリとした開口部。音量ボタンはレザーカバーごと覆う形状。押しやすいです。

iPhone6_Plus_140921_22
アップス純正レザーカバー上部。レザーの質感以外なにもない。

iPhone6_Plus_140921_23
右側面。スリープ/スリープ解除ボタンもレザーカバーで覆われている。押しやすい。

まとめ

Iphone 6 Plus はデカいです。ボクのような指が短い男性の方や、比較的手が小さい女性の片手操作は難しいです。でも"iPhoneは片手で操作する"という概念を見直すと、iPhone 6 Plus のサイズを素直に肯定できてパァーっと世界が開けます。

iPhone6_Plus_140921_24
iPhone 6 Plus とMacBook Air 11インチとのサイズ比較。デカい。が、半日も弄ってると慣れてくる。

iPhone 6 Plus のサイズ感は半日も触っていると慣れてきます。2日程度使ってからiPhone 5/5sを手に取ると「なんだコレッ小さッ子どものおもちゃみたい」と感じるようになります。"もう元には戻れない"ことになっています。"慣れ"とは怖くもあり頼もしくもあります。

iphone6plus_coverアップル純正 iPhone 6 Plusレザーケース
¥5,400 (税別)

アップルオンラインストア


こちらの記事も役に立ちます

スポンサーリンク