ウケるデジモノブログ|smiley-jp

デジモノをこよなく愛するブログ

kamiz | | iPhone

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

iPhone6 Plus 128GB を選んだ6つの理由

座右の銘は「迷ったら大きい方」@kamizです。こんにちは。

ボクはiPhone 5sをスルーしている組です。iPhone 5以来2年ぶりの機種変更になる今回は、iPhone 6 Plus 128GBを選択しました。iPhone 6発表時は「Plusデカすぎ!売れなそー」と息巻いていたボクが、どう心変わりし、どのような経緯で現(うつつ)を抜かしたのかをまとめてみました。是非参考にして現を抜かして欲しい。

アップルオンラインストア

iPhone 5/5s はよく考えてみると小さい

ipadmini01

iPhone 5/5sのキーボードが小さく感じたことありませんか。ボクは左手での片手フリック入力ですが、IDやパスワードの入力には半角の英数字のQWERTYキーボードにしますが、確実にタイプミスするんですよ。

Androidは多種多様なサイズがありますが、iPhoneのサイズはひとつだけ。ジーンズのポケット、ランニングウェアのポケットにも気軽にすっぽり入る便利なサイズ。あたりまえすぎて「iPhoneというのはこういうものなんだ」と無意識のうちに決め込んでました。

そう気づき始めたころに、いよいよiPhone 6の予約開始が迫ります。どちらのiPhone 6にするのか決めなければならない。iPhoneにふたつのサイズがあることに最初は違和感を感じていましたが、iPhoneのサイズがわかるPDFを印刷し、段ボールに貼って切り取り、手に取ってイメージを膨らませていく毎に、Plusの利便性を感じました。自分がiPhone 5/5sにいつのまにか感じていた"サイズが小さい"というジレンマをiPhone 6 Plusは解消してくれると感じたのです。

iPad miniより小さくiPhoneより大きいサイズへの期待

iPhone6_140913

iPhoneはやはり文字入力がしにくい。物理的なサイズの小ささによりキーボードも小さいからです。日本語は片手フリック入力でかなり入力しやすくなりますが、半角英数字はQWERTYキーボードがやりやすい。

ネットをゆっくりじっくり楽しむときはiPad miniを利用しています。iPad miniでQWERTYキーボード入力すれば、テキパキ入力できて速い。でも、小さいiPad miniでさえ、バッグに入れて持ち歩くべきサイズですよね。

いずれにせよバッグを持ち歩くならMacBook Air 11インチのほうが確実に便利です。MacBook Airをデスクやテーブルにのせて利用する場所も多くはWi-Fi完備となってきています。4G/LTE端末がなくてもネットができるし、Wi-FiがなくてもiPhoneでテザリングできる。こうなるとiPad miniの出番はどんどんなくなっていく。わが家のiPad miniは4歳のムスメがゲーム&Youtube専用端末として業務を全うしています。

リーバイス501のポケットに収まる絶妙なサイズであるiPhone 6 PlusならiPad miniほどのサイズではなく気軽に持ち運べて、表示画面が大きくQWERTYキーボード入力も快適なサイズ。iPad miniより小さい5.5インチのiPhoneは、情報端末としての最適なサイズをアップルが提案した。その提案に乗ってみたくなりました。

片手フリックへの懸念と新しい入力方法への期待

片手フリック入力は日本語を効率よく入力できる素晴らしい発明です。ボク的にはノーベル入力学賞レベルです。しかしiPhone 6 Plusの筐体幅では片手フリック入力は難しいかもしれません。

iPhone 6 PlusのPDFを印刷し貼付けた段ボールをカットし、手に取りあれやこれやとサイズ検討してみたところ、片手フリック入力は少しきわどい。iPhone 6 Plusの筐体四隅のラウンド形状が親指をどれだけキーボードに近づけてくれるかが焦点ですね。

iPhone 6 Plusではランドスケープでのキーボードに新機能が搭載されています。カーソルやコピー&ペーストキーなどなど。文字入力はかなり便利になりましたね。

iPhone 6 Plusは、片手で利用する際の利便性とランドスケープで利用する際の利便性の両方を兼ね備えていますね。

光学式手振れ補正搭載が魅力

iphone6plus_camera

コレですよ。iPhone 6 Plusを選択する際に結構な重要度を占めていた機能です。実写サンプルを確認できてないので正確に判断できてませんが、光学式手振れ補正はあるほうが良いに決まってる機能。夜でも手ぶれが少なくなる、子どもを追う写真やビデオ撮影でも光学式手振れ補正があると安心です。

iSightはF2.2のレンズ搭載です。この明るいレンズと、A8チップ、ジャイロスコープ、そしてM8モーションコプロセッサが連係する光学式手ぶれ補正機能はすごいです。映画撮影時に使用するリグ(レールを敷いてキャスターにカメラを乗せる道具)で撮った動画のように手ぶれが激減されています。

Apple - iPhone 6 - カメラ

アップルオンラインストア

子どもたちが遊んでるところをiPhone 5でビデオ撮影すると、すっげぇブレるんですよね。手ぶれ無縁なヌルヌル動画を撮影できるスタビライザーは常時携帯できるわけではないし。もっともっと気軽にホームビデオやブログ用ビデオを撮影したいので光学式手ぶれ補正機能搭載のiPhone 6 Plus 128GBを選びました。

5.5インチ1920x1080で401ppiの液晶に感じた魅力

iPhon6plus_srgb

Retina HDディスプレイはフルsRGBカラー規格。AdobeRGB規格よりも緑と青の色域が少ないものの、sRGBはプリンターやデジカメの標準規格です。iphone 5sもフルsRGBカラー規格の液晶を積んでいます。

この5.5インチの液晶のピクセル数は1920x1080(16:9)でiMac 21.5と同じフルHDサイズ。iMacと同じピクセル数の写真が手のひらの中で見れる訳です。画面解像度は401ppiとなり人間の網膜でピクセルを判別できる画面解像度300ppiを101ppiも上回ります。上質な専用紙に印刷された写真を見るくらい高画質。もう、ワクワクが止まらない。

iPhone6 Plusデカすぎ→iPhone6という安易な選択の虚無感

iPhone 6とiPhone 6 Plusが発表されたとき「iPhone 6 Plus デケェ!片手でフリックできねぇ!イラね!」と感じ、iPhone 6 購入が内定していました。その後、iPhone 6 の情報をググっていると「デカいからダメ」「片手フリックできないからダメ」だけで判断するにはもったいないと感じるようになります。

考えることをあきらめていないか?片手フリックだけがiPhoneの魅力ではないだろう?考えることをやめたら可能性を見いだせなくなります。そんなことを自問していると、iPhone 6 Plusで新しい可能性が広がるかもしれないことに気づき、この記事の列挙した内容を考えてみました。

何事も考えることをやめたらそこで終わります。常に新しい可能性を考えること。iPhone 6 Plusの登場でアップルに気づかされた。大事なことを気づかせてくれたアップルの新しい提案に乗っかっていくことにしました。

まとめ

iPhone 6 Plus 128GBを選んだ6つの理由を長々と綴ってきました。いろいろ考えるって楽しいです。あの5.5インチの大きさがどんな可能性を与えてくれるのか。どんなことができるのか。どんなワクワクで楽しめるのか。到着が待ち遠しくてソワソワしちゃってます。ボクはこんなことを考えて、iPhone 6 Plus 128GBを選びました。

アップルオンラインストア

こちらの記事も役に立ちます

スポンサーリンク