ウケるデジモノブログ|smiley-jp

デジモノをこよなく愛するブログ

kamiz | | iPhone

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

iPhone6s_s_001

予約開始日の翌日にネットで事前予約したiPhone 6s 64GBが発売日当日に到着しました。Newカラーのローズピンクです。iPhone 5cからの機種変更でゲットしました。キャリアはソフトバンクです。

Mac Book ProでiPhone 5cをバックアップし、iPhone 6sをiTunesのバックアップから復元し、ソフトバンクの電話回線切り替えをネットで手続きし4G回線キャッチ完了。はたしてiPhone 6sが利用可能となりました。

iPhone 6s イイですね〜。一番最初にオッと感じたのは「バイブレーションの振動に感じた大人感」です。バイブレーションの振動と音のことなんですけど、静かでいて重く深く優しめの振動と音なんです。iPhone 6sに触れる手や指に深く優しく伝えてくれるバイブレーション。高級なクルマのドアを閉める落ち着きのある音と重厚感に似た、深い恍惚感を感じます。これだけでもiPhone 6sにする価値ありです。

iPhone6s_s_002
所有する喜びを、これでもか!と感じさせてくれる素晴らしく見事なケース。精度が高くふたを開けるときに抵抗を感じる様は、空気の逃げ場すらも計算され尽くしているかのよう。

iPhone6s_s_003
手に取ってみると、その薄さと重さと質感を感じる。液晶面が白いiPhoneは久々でしたが、特に違和感もなかったです。

iPhone6s_s_004
側面。薄い。厚さ7.1 mm。これでもiPhone 6の6.9mmより0.2mm厚い。ローズゴールドというカラーは男子が手にしても違和感はなく、むしろ華やかさすら感じる。

iPhone6s_s_005
底面。イヤホンジャックの大きさがこれからのプロダクトデザイン匂いて邪魔になってくるんだね。と感じることができる一枚。

iPhone6s_s_006
背面。LED照明の下で撮影した割に、キレイなローズゴールド色が発色されている。お気に入りの一枚です。iPhone 6シリーズは、カメラリング周りの出っ張り具合が残念ですよね。

iPhone6s_s_007
iPhone 6 Plus とiPhone 6s の大きさ比較。Plusってデカイね。慣れちゃって違和感はないけれども比較してみるとデカイ。

iPhone6s_s_008
iPhone 6s の方がサイズのバランスが良く、デザイン的に安定感を感じます。ローズゴールド、イイ色だなぁ。

iPhone6s_s_009
厚さは両方とも7.1mm。そういえば、2.5inchのSSDやHDDが7mm。

iPhone6s_s_010
左から、イヤホンジャック、Lightning端子、スピーカー。6 Plusは8穴。6sは6穴。

iPhone6s_s_011
上から、電源/スリープボタン、SIMトレイ穴。6 Plus と 6sでは、位置が若干違うのね。

iPhone6s_s_012
トランプのようにずらして持ってみた。7.1mmという薄さだからやりやすい。カメラとフラッシュの位置関係も若干違うのね。

iPhone6s_s_013
機種変更する前のiPhone 5c ブルーと比較。iPhone 5cって名機だと思うんだけどな。ポリカーボネートってカジュアルで好きなんです。

iPhone6s_s_014
Plusのデカさが際立つ写真。

実はこのiPhone 6s、契約者はボクなんですが使用者はムスメ(長女11歳)です。

ムスメが9歳の時にiPhone 5cをプレゼントしました。iPhone 5cを手にしてからは、家族や友人とLINEやメールでコミュニケーションし、知りたいコトをネットで調べ、さらに興味が広がるとネットだけでは物足りず図書館へ行くようになりました。

ピアノを習っているのですが、クラシックや、ポピュラー音楽をiPhoneで聞くことが好きになり、いまではApple Musicで様々な音楽を聴き始めています。

ボクの周りでは「小学生で携帯は早い」という親御さんが多いです。何故なのかと理由を聞いてみると「携帯電話ばかり見て、人とのコミュニケーションがおろそかになる」という意見が多数でした。いろいろな考え方がありますが、ボクはこう感じました「もったいない」と。

その子の素性はあれど、礼儀や人とのつながりの大切さ、携帯電話の恐ろしさなどを伝え教えるコト、その子の可能性を広げることができるツールに成ると考えています。

何があっても親は絶対に子供の味方です。もし何か問題が起きれば全力で対処すればいいんです。親としての責任を取ることを避けることを考えるのではなくて、子どもの可能性が少しでも広がることを考えたいなとボクは思っています。

せがまれつつも二の足を踏んでいる親御さん、お子様にiPhoneをプレゼントしてみてはいかがでしょうか。もうめちゃくちゃ喜びますよ。

こちらの記事も役に立ちます

スポンサーリンク