ウケるデジモノブログ|smiley-jp

デジモノをこよなく愛するブログ

iPhoneで撮影したデータ容量が半分以下になる新フォーマットHEIF/HEVCがスゴイ!

| | iPhone

こんにちは。@kamizです。
ボクは三人娘のパパでありまして、なにかとiPhoneで写真やビデオを撮影することが多いのです。高画質なiPhoneのカメラで撮る写真やビデオはデータ容量が大きいため、データの保管・バックアップにはいつも頭を悩ませていました。そんなときにiOS11が登場しました。

iOS11から写真とビデオのフォーマットが変更になりました。それがHEIF(拡張子はHEIC)とHEVC。データ容量は従来の半分ほどという新フォーマット。写真はjpegからHEIF(ヒーフ)フォーマットへ。ビデオはH.264からHEVC(エイチイーブイシー)(H.265)フォーマットへ変更になりました。

早速試してみようということで、iPhone 7 Plusで撮影した写真とビデオをMacBook ProへAirDropしたところ、通常のjpegとH.264のデータでした。どうやらAirDropでは従来のjpeg/H.264で転送となるようです。

それではと、アプリケーション内にある「イメージキャプチャー」を使用して有線接続で取り込みましたが、やはりjpeg/mov(H.264)でしか取り込めません。

apfs_000

よく見ると、イメージキャプチャー左下に「元のフォーマットのまま」というチェックボックスがある。チェックすると右側イメージ一覧のフォーマットがHEICとmovに変わるじゃないですか!movのままかいッ

apfs_001

念のため、MacBook Proに取り込んでファイルの情報を見ると、HEVCになってる!データ容量も半分以下だ!ヤター!

apfs_003

iPhoneで撮影した写真もビデオも従来のデータ容量の半分以下になる新フォーマットHEIF/HEVC。これなら64GBのiPhone 8でも128GB並みに容量を利用できるということ。逆に256GBは512GB並みの容量を見込めるということ。

ちなみに、H.264フォーマットのビデオをHandBrakeでH.265に変換してみましたが、クイックルックできないしQuickTimeも再生できませんでした。Googleフォト、Dropbox、アマゾンプライムフォトはHEIF/HEVCに対応済み。YoutubeもHEVCアップロード可能です。Windowsは残念ながら未対応。iOS10でも閲覧不可能です。

データ容量が従来の半分以下となる新フォーマットHEIF/HEVC。覚えておくとよろしいかと。

SIMフリーなiPhoneiPadApple公式サイトで購入しよう!
14日以内なら返品可能だぞ!

こちらの記事も役に立ちます

スポンサーリンク