ウケるデジモノブログ|smiley-jp

デジモノをこよなく愛するブログ

MacBook Pro キーボード修理プログラムをAppleリペアセンターに出す方法

| | Mac

MacBook

こんにちは!あなたの笑顔の請負人@kamizです!

Appleより「MacBookおよびMacBook Proキーボード修理プログラム」が発表されました。 筐体を薄くするために開発されたバタフライ式キーボードで、旧モデルと比較して2倍も不具合が発生すると報告され、アメリカでは集団訴訟にもなりました。Appleがついに認めたこととなります。

MacBookおよびMacBook Proキーボード修理プログラム

Apple または Apple 正規サービスプロバイダでは、対象となる MacBook および MacBook Pro のキーボードを無償で修理されます。

特定の MacBook および MacBook Pro モデルのごく一部のキーボードに、以下の症状 (の 1 つまたは複数) が現れる場合があることが判明しました。

  • 文字が勝手に反復入力される
  • 文字が表示されない
  • 押したキーがスムーズに跳ね返ってこない、または、キーを押した時の反応が一定しない

Apple または Apple 正規サービスプロバイダでは、対象となる MacBook および MacBook Pro のキーボードを無償で修理させていただきます。修理内容はキーボードの検査後に決まります。1 つまたは複数のキーの交換や、キーボード全体の交換が必要になる場合もあります。

ボクのMacBook Pro 2016も対象です。昔から「m」が勝手に反復入力されてしまう症状に困ってたんですよね。修理に出すと10万円コースと聞いていたので「MacBookおよびMacBook Proキーボード修理プログラム」が発表されて本当にありがたや。

Appleサポートに修理依頼する方法

まずはアップルサポートに連絡します。

から「今すぐアドバイザーと話がしたい」を選択します。

Apple IDで「サインインして製品を選択する」か「シリアル番号を入力する」を選択します。

シリアル番号は、画面左上「」→「このMacについて」でわかります。Apple 製品のシリアル番号を確認する - Apple サポート

Apple IDでサインインして登録した製品を選択すると、自動でシリアル番号が入力されます。次に、Appleサポートがこちらに連絡するための情報(氏名・メールアドレス・電話番号)を入力し、連絡が欲しい時間を予約します。

ボクは深夜に上記を入力したので、Appleサポートからの連絡予約時間を翌日のAM11:00にしました。連絡が来たのは11:05でした。

Appleサポートに聞かれた事聞いた事

Appleサポートから連絡がありましたが、自動音声で「順番にお繋ぎいたしますのでお待ちください」とのアナウンスが流れ、プッシュダイアルで待機中の音楽を選んで待つ事2分程度、果たしてアドバイザーに繋がりました。

アドバイザーから聞かれたこと

  • キーボード修理プログラムへの問い合わせの再確認。
  • 症状(反復入力してしまう特定のキーを説明しました)。
  • MacBook Pro のアカウント名とパスワード。(画面左上「」→「システム環境設定」→「ユーザとグループ」の管理者のアカウント名)
  • 修理お問い合わせ番号を知らせるためのメールアドレス。
  • 本体返送先の住所。
  • iTunesの「このコンピュータの認証を解除」しておくこと。
  • Macを探すを解除すること。(画面左上「」→「システム環境設定」→「iCloud」→ Macを探すのチェックを外す)
  • 作業中、Mac初期化が必要の可能性があるためMacのバックアップしておくこと。
  • 配送業者による引き取り時間。最速で翌日の午前中から可能でした。引き取り場所は自宅でも職場でも配送業者が行けるところならどこでもOK。

MacBook Pro のアカウント名とパスワードを聞かれたので身構えてしまいましたが、キーボードの症状確認にはMacを操作する必要がありロック解除には必要な情報です。ユーザーの大事な情報を預かるために敢えてAppleサポートから連絡が来るようになっているんですね。

アドバイザーに聞いたこと

  • 配送業者はヤマト運輸
  • 修理期間。1週間程度との回答でした。
  • データ漏洩の危険性について。Apple側での情報漏洩は絶対にありえない前提であり、もし情報漏洩があるとすれば配送業者側の可能性が高いという前提とのことでした。アカウント名とパスワードを掛けてあるので配送ルートでも情報漏洩の危険性は少ないのではとのことでした。

Appleサポートのアドバイザーは日本人の男性で推定年齢30代、とても親切で丁寧な対応でした。

配送業者の集荷時間を指定しましたが時間通りに集荷できないケースもあるようで、その場合は翌日の同じ指定時間に集荷に来るそうです。

そして本日、無事に集荷され、旅立っていたMacBook Pro 2016。修理期間は1週間程度。どのように修理されてくるのかワクテカです。

MacはCPUやSSDやメモリをカスタマイズ可能なApple公式サイトで購入しよう!
14日以内なら返品可能だぞ!

ランキング