ウケるデジモノブログ|smiley-jp

デジモノをこよなく愛するブログ

kamiz | |

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

Click here to add a title

相手に物事をわかりやすく伝えるには、自分の言葉で伝えるコトが必要です。
自分の言葉で伝えるには、伝えたい物事の本質を見極め理解することが必要です。

物事の情報を横流しするだけでは伝わりません。
元のソースを見聞きすること変わりがありません。
「誰かがこう言っていたよ」というだけではまるで伝言ゲームです。
信頼性にも欠けてしまいます。

物事を理解し本質を見極め、自分の言葉で人に伝えること。
「自分のフィルターを通す」とは良く言いますが、自分が理解した情報だけが自分のフィルターを通り抜け、
自分の言葉になります。

自分の言葉は自由自在です。
表現方法や単語、言いまわしや間の取り方、相手の相づちや質問への回答など、
自分の言葉だから自由自在に操ることができます。

物事を理解するためには常に「なぜか?」と疑問を持つことが大切です。
物事の成り立ちを「知りたい」という欲求をテコにして、できる限りの情報を集めて、
それを見て読んで考えることで理解できます。

理解してしまえば、物事を説明するための言葉がスラスラ出てきます。
質問されても、大抵のコトは答えることができます。
質問を想定しておけば、先に答えを伝えちゃうこともできます。

人に何かを伝えたい、わかってほしいという時は、その物事の情報を徹底的に収集し理解することで、自分の言葉が生まれます。伝えたいコトを自由自在に表現できる自分の言葉は、相手にとてもわかりやすく物事を伝えることができるのです。

「そんなのあたりまえだよ」というありきたりな記事だと思いますが、
「そうそう、そうなんだよなぁ」と少しでも何かのキッカケになれば嬉しく思います。

こちらの記事も役に立ちます

スポンサーリンク