ウケるデジモノブログ|smiley-jp

デジモノをこよなく愛するブログ

2014土屋鞄のランドセルを童具店・南大沢で買った!新色「総牛革 プレミアム 水色」にひと目惚れ!

| | ブログ

2014年度の土屋鞄のランドセルの新色、水色を購入してきました。今回は、9月に6歳になる二女のためのランドセルを「土屋鞄製造所 童具店・南大沢」にてオーダーしてきました。

土屋鞄の2014年度ランドセル「総牛革プレミアム水色」レビュー|ウケるデジモノブログ-Smiley-jp-←ランドセル到着後のレビュー記事はコチラ

土屋鞄2013_001

【土屋鞄・2014年度のランドセル特集】 総牛革 プレミアム / 土屋鞄のランドセル

土屋鞄製造所童具店とは

土屋鞄製造所の直営店「童具店」は子どもの道具(童具)のみを扱う店舗です。店内にはランドセルはもちろん、とても使い勝手が良さそうな木製の勉強机やイス、ドングリの鉛筆削り、キャンバス生地と皮のA4手提げ鞄やうわばき入れななど、どれもこれも、とても魅力的な童具(子どもの道具)がおいてあります。

土屋鞄製造所童具店・南大沢は7月なのに店内はいっぱい

店内には沢山の家族がランドセルを検討していました。店内奥には大きな鏡があります。鏡の前でランドセルを背負って写真を撮っている家族が多くとても微笑ましく良い光景でした。ちなみに背負っているランドセル、男の子は黒、女の子は赤かピンクが多かったかな。

土屋鞄製造所童具店・南大沢は専用駐車場完備

土屋鞄製造所 童具店・南大沢はマンションの1Fに店舗を構えており、マンション1Fに平置き5台分の屋内駐車場と屋外に何台か(台数確認できませんでした)の専用駐車場が用意されています。

工場併設の「土屋鞄製造所 本店」へアクセスせず、見て、背負って、購入できる、「土屋鞄製造所 童具店・南大沢」は多摩方面在住の方々にはとても便利な店舗です。

土屋鞄製造所童具店・南大沢でランドセルを選ぶ

二女を連れて土屋鞄製造所 童具店・南大沢に到着。入口を入る前から店内の右側に見える、2014年度「総牛革 プレミアム」の新色ランドセルたちがお出迎えしてくれます。

なかでもひときわ輝きを放っていたのが「総牛革 プレミアム 水色」でした。ティファニーブルーのようなとても品のある水色の牛革、肩ひもと背当ての部分のベージュ色が見事なコンビネーションに、家族全員が一目惚れしちゃったです。

土屋鞄2013_003

女の子なので、赤色やピンク色が気になるらしく、ひととおり背負ってみた二女。やはり水色にとても惹かれたようで「コレがイイ!」と自分で決定しました。

3年前に土屋鞄製造所本店で購入した長女のときは3時間程度がっつり選んでいましたが、二女は30分程度で心決めていました。同じ血筋でもいろいろな個性が感じられます。

土屋鞄2013_007

土屋鞄のランドセルは言われるほど重くない

今回購入したランドセル「総牛革 プレミアム」の素材は本牛革で1,300gです。土屋鞄のランドセルで最も軽い「軽量 クラリーノF」で1,080gです。その差はわずか220g。スタバの豆ハウスブレンド一袋(250g)より軽く、コンビニのおにぎり2個分の重さと同程度。

毎日使っている小学3年生の長女曰く、
「1年生の最初のころは重かったけど、夏休みぐらいで慣れる」とのこと。
たかが220g、されど220gですね。

ちなみに、百貨店系のランドセルの重量はコチラ

他の鞄屋系のランドセルも牛革で1,300g前後です。数字で比較すると、土屋鞄のランドセルはそれほど重くないことがわかります。
土屋鞄製造所 童具店・南大沢の店頭でランドセルを手に取った瞬間、おもわず「うおっ!軽ッ!」と口に出てしまったくらい軽かったのです。

土屋鞄のランドセルを選ぶ理由

土屋鞄のランドセルは、注文を受けてから制作するオーダーメイドシステム。土屋鞄製造所本店の職人による、まさに世界で一つだけのランドセル。丈夫な作りに文句なし。
小学3年生の長女のランドセルには多少のキズはあるものの、ガタつきもステッチのほつれもありません。見事な職人仕事にほんとに感謝です。

土屋鞄2013_004

土屋鞄のランドセルはの魅力はなんといっても、シンプルなデザイン、職人さんによる手作り、製品の精度と丈夫さ、豊富な色使いです。
子どもたちもとても嬉しそうです。6年どころか何十年も使えるほどの製品だと感じます。長女が土屋鞄のランドセルを選んだ時の記事を紹介します。

6歳のムスメが3時間かけて選んだ。土屋鞄製造所のランドセルレビュー

土屋鞄製造所でムスメに伝えたかった大切なコト

まとめ

もうすぐ3歳になる三女が小学校に上がるまでに、長女のランドセルが卒業になります。新しくランドセルを購入するのがベストだと思いますが、長女のランドセルを使用するのも、モノの大切さを伝える上では良いのかもしれません。「ランドセルのおさがり」そんなコトまで考えさせてくれる土屋鞄のランドセルは、作り手の気持がこもったすばらしい製品です。

土屋鞄2013_005

お子さんが、まだランドセルの年頃じゃなくても、土屋鞄製造所 童具店・南大沢にちょっと足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。きっと、素晴らしい出会いが生まれると思います。

最後まで読んで頂いてありがとうございました。
お子様のランドセル選びの参考にして頂けたら幸いです。

【土屋鞄・2014年度のランドセル特集】 総牛革 プレミアム / 土屋鞄のランドセル

こちらの記事も役に立ちます

スポンサーリンク