ウケるデジモノブログ|smiley-jp

デジモノをこよなく愛するブログ

iPad/iPad miniは「見て考えるためのデバイス」という使い方

| | アップル |

実は最近iPad miniでブログを書いていません。iPad miniを利用するのは、仕事でPDFを見せる時、MacFanやKindleなどの電子書籍を読むとき、ベッドでゴロゴロしながらYoutubeやビデオを見る時です。ブログ記事はMacBook Airで書くことが多くなりました。

iPad mini 1st

MacBook Airはトラックパッドやキーボードを使い、指だけで画面上の様々な情報を操作できます。コレ意外と身体の負担が少ないんですね。

iPadやiPad miniなどのタブレットは意外と身体を使うんです。タッチする範囲は画面サイズの大きさ分なので、指だけの稼動範囲では足りない。肘や腕を動かす必要があります。

MacBook Airはどこかに置いて作業することになりますが、iPadやiPad miniは気軽に手で持ち操作できちゃうのです。タブレットは思いのほか身体を使う。だから作り込む作業はやりにくいんじゃないかなと。iPadはやはり「見る」方のデバイスなんですよね。

ボクはiPad/iPad miniが大好きです。MacBook Airがどれほど便利でも常に持ち歩いているとしても、直感的に作業できるiPad/iPad miniは「道具」として自分の手に馴染んでいます。

ひと昔まえだったら紙とペンだったモノが、現在ではiPad/iPad miniになりました。ネットも手の中で自由自在にできます。ほんと素晴らしいです。

iPad/iPad miniで見て調べてインプットした情報を、iPad/iPad miniで描いて書いてアウトプットし考える。アタマの中を整理するまとめる。MacBook Airで作り込む。意識的に思考と作業を分けることで客観的に見ることができたり、俯瞰して考えたりすることもできるようになってきました。作業にメリハリもつき、効率が上がり、ミスも減る。結構メリット大きいと感じています。

MacBook AIrの使い勝手にはあと一歩役不足だけど、iPad/iPad miniが大好きです。

Posted from Drift Writer on my iPad mini

SIMフリーなiPhoneiPad ProApple official siteで購入しよう!
14日以内なら返品可能だぞ!